- 2015
No. Date Place
Time
Speices (LifeList YearList)
Note&Photo
Year
List
Life
List
75 Dec 27 飯岡漁港
CHIBA Pref.
01. Brant Goose 108. Great Cormorant15. Brown-eared Bulbul
02. Eurasian Teal09. Black-eared Kite16. Japanese Tit
03. Green-winged Teal10. Eurasian Coot17. Japanese Bush Warbler V
04. Common Pochard11. Black-tailed Gull18. White-cheeked Starling
05. Greater Scaup12. Vega Gull19. Blue Rock Thrush
06. Chinese Bamboo Partridge V13. Oriental Turtle Dove20. Black-backed Wagtail
07. Pelagic Cormorant14. Bull-headed Shrike21. Meadow Bunting V
388 -
18切符を使いきらないともったいないので、昨日行くことができなかった飯岡漁港へ。今まで成鳥のコクガンを見たことがないので、地味に見たかった個体。漁港のスロープに生えた藻を食べにきているようで、この藻が表れる干潮の時にしか見られないようだ。今日は干潮に合わせて行ったので、ちょうどスロープに上がって藻をバクバク喰っているところだった。人は誰もおらず、全然警戒心もないのでかなり近くで観察することができた。首輪の黒斑が明瞭に出ていて奇麗。翼を広げたり、海で泳いだりと、自由に過ごしていた。オオバンが子分のようについている。見ていてなんか久しぶりだなと思い、調べると2010年以来5年ぶりであった。帰り際に漁港内を軽く見ると、アメリカコガモを発見。海で見たのは初めて。今年の鳥見もこれで最後だが、来年はどんな年になるか、今から楽しみである。
74 Dec 26 君ヶ浜
CHIBA Pref.
01. Northern Goshawk07. Japanese Tit13. Pale Thrush
02. Black-eared Kite08. Brown-eared Bulbul14. Dusky Thrush
03. Vega Gull09. Japanese Bush Warbler15. Daurian Redstart
04. Oriental Turtle Dove10. Long-tailed Tit16. Black-backed Wagtail
05. Japanese Pygmy Woodpecker11. Japanese White-eye17. Grey-capped Greenfinch
06. Yellow-bellied Tit 112. Goldcrest18. Black-faced Bunting
386 -
数年前に九州をはじめ各地で確認されたキバラガラ、今後記録が増えるだろうと予想していたが、ついに関東に出た。それは歓迎するのだが、わざわざ銚子に出なくても。神奈川や東京の適当な公園に出てくれれば行きやすいのに。福岡の春日公園で見ているし、この時期に見られているということは、どうせ越冬個体だろうから、騒ぎが静かになってから行こうと決めていた。年末、さすがに落ち着いた頃だろうと、別件で購入していた18切符を使って君ヶ浜海浜公園を訪れる。探す能力のないカメラマンは、よく出るというポイントで待機していたが、すぐ裏の松林からさっそく声が聞こえたので、行ってみると黄色い腹を確認できた。複数羽いるようだが、見られたのは若い雌のようだ。基本的にはシジュウカラの群れと行動を共にし、公園内を動きまわっているようだ。疎林なので、鳥も探しやすく、園内を歩きながらくと、何度か遭遇することができた。声が特徴的ですぐに分かるから、待機型の鳥見はここでは懸命ではないだろう。キクイタダキも複数確認。コクガンに行くつもりだったが、潮の関係で断念。結局何個体いるのかわからなかったが成鳥個体もいるという噂。春先に黒く換羽した個体が見られるようならまた来ようと思う。
73 Dec 12 長井漁港
KANAGAWA Pref.
01. Black-necked Grebe08. Black-eared Kite15. Carrion Crow
02. Grey Heron09. Common Sandpiper16. Brown-eared Bulbul
03. Great Egret10. Black-headed Gull17. Daurian Redstart
04. Little Egret11. Black-tailed Gull18. Blue Rock Thrush
05. Pacific Reef Heron12. Vega Gull19. Eurasian Tree Sparrow
06. Great Cormorant13. Ancient Murrelet20. Black-backed Wagtail
07. Western Osprey14. Rock Dove
- -
今年も県内の漁港にウミスズメがやってきているという。数年前に江ノ島で出た時にはハシナガウミスズメが混じっていたことがあったらしい。もともと相模湾はハシナガのポイントではあるが、確率は相当低い。今回もそんなチャンスに恵まれればと淡い期待をもって、長井漁港へ。さっそくクロサギを見ることができた。神奈川では久しぶり。沖を見ると10羽くらいのウミスズメが泳いでいる。しばらく待っていると、イワシを追いかけるように漁港内に入ってきた。特徴的な鳴き声も聞くことができ、最終的には潜っている姿が見えるほど近くで見ることができた。上から見るとペンギンのよう。その後スコープで沖合いを凝視するが、残念ながらハシナガの姿は無かった。
72 Nov 23 八柱霊園
CHIBA Pref.
01. Rock Dove07. Brown-eared Bulbul13. Red-breasted Flycatcher 1
02. Oriental Turtle Dove08. Japanese Bush Warbler V14. Daurian Redstart
03. Japanese Pygmy Woodpecker09. Long-tailed Tit15. Black-backed Wagtail
04. Bull-headed Shrike10. Japanese White-eye16. Black-faced Bunting V
05. Large-billed Crow11. Goldcrest
06. Japanese Tit12. Dusky Thrush
366 -
伊豆沼からゆっくり帰ってきて、朝になりそのまま八柱霊園へ。ニシオジロビタキが入っているようだ。園内を歩いていくと、人が集まっているポイントを見つけたが、まだ飛来したばかりで、広範囲を動き回っているようだ。しばらく待っていると姿を見ることができた。周辺では、この前の舳倉島で当たっていたキクイタダキを確認。予想通り各地で見られているようだ。伊豆沼の疲れもあったので、あまり長居しないで撤収した。
71
70
Nov 22
Nov 21
伊豆沼
MIYAGI Pref.
01. Cackling Goose +14. Common Merganser27. Bull-headed Shrike
02. Taiga Bean Goose15. Little Grebe28. Carrion Crow
03. Tundra Bean Goose16. Great Crested Grebe29. Eurasian Skylark
04. Greater White-fronted Goose ++17. Grey Heron30. Brown-eared Bulbul
05. Lesser White-fronted Goose 218. Great Egret31. White-cheeked Starling
06. Tundra Swan19. Eastern Marsh Harrier32. Dusky Thrush
07. Whooper Swan20. Black-eared Kite33. Daurian Redstart
08. Mallard21. Eastern Buzzard34. Eurasian Tree Sparrow
09. Eastern Spot-billed Duck22. Eurasian Coot35. Buff-bellied Pipit
10. Northern Pintail23. Oriental Turtle Dove36. Grey-capped Greenfinch
11. Eurasian Teal24. Common Kestrel37. Meadow Bunting
12. Tufted Duck25. Merlin 138. Black-faced Bunting
13. Smew26. Peregrine Falcon39. Common Reed Bunting
365 -
中学生以来行っていない伊豆沼。カリガネは遥か遠くにいるのを見ただけであまり満足できていない。最近は保全活動のおかげでシジュウカラガンの数が激増していることもあって、再訪を計画した。当初は後輩と2人のつもりだったが、お世話になっている方が車を出して下さるとのことで、大変ありがたいことに乗せていただいた。とりあえず有名な塒立ちを見る。圧巻というほどではなかったが、朝日をバックに一斉に飛び立つ壮大な景色を堪能。懐かしい。その後はカリガネやハクガンを探して田んぼをまわる。マガンの群れを探していくと、とりあえずシジュウカラガンは見つかった。しかし、群れの中央にいて遠い。その後も田んぼを流していると、ヒシクイが目に入る。よく見ると体や嘴の大きさが異なり、観察時は大きいほうがオオヒシクイで、小さいほうがヒシクイだと考えていた。しかし、帰宅後に画像を見返してみると、オオヒシクイだと思っていたほうも、嘴はそれほど大きくなく、また、小さいほうの小ささがかなり目立った。つまり、大きいほうがヒシクイの亜種ヒシクイ、そして小さいほうが亜種ロシアヒシクイの可能性があるのではないかと思う。もともと亜種だったものが独立した後のさらにその亜種の識別となるとなかなか慎重にならざるを得ない。その後は電柱にとまるコチョウゲンボウを見て、蕪栗沼方面へ移動する。シジュウカラガンが小群で降りていて、朝よりも近かった。大きなマガンの群れに当たったので、カリガネやハクガンを懸命に探すも見つけることはできず。伊豆沼に戻り、最後にオオヒシクイの塒入りとマガンの塒入りを見て、初日は終了。明日に期待する。
昨日の敗因は片方サイドを後輩に任せてしまったことであり、今日は両サイドをカバーすることになる。さすがにカリガネを見ずに帰るのはしゃれにならないので、少々本気を出す。蕪栗沼周辺が確率が高そうなので、探し始めるとさっそくかなり大きなマガンの群れを発見。見ている間にも周りからどんどん集まってくる。これはいるに違いないと、スコープで丹念に探すと、無事発見することができた。近づこうとするが、群れの中央にいるため、なかなか厳しい。諦めて別の個体を探すとすぐに2羽目を発見。昨日と打って変わって調子が良い。こちらは少数のマガンに混じっていたので徐々に近づいていくことができた。アイリングと頭頂まで伸びる額の白色、ピンク色の嘴が独特の顔を作り出し、マガンとは間違えようがない。その後はハクガン探しに切り替えるも、見つからず。シジュウカラガンは昨日よりも近くで観察することができた。顔が部分白変しているマガンにも遭遇。遠目から見るとインドガンに見えなくもない。その後は塒入りを見て、東京方面へ。結局ハクガンは見つからず。この前荒川で見ていたので傷を浅いが、良い加減成鳥を見たかった。5年前の琵琶湖も幼鳥だった。そして、この伊豆沼遠征、長く尾を引くことになる。帰ってからしばらくして、なんとインドガン、ハイイロガンが伊豆沼・蕪栗沼に飛来したことがわかった。ハイイロガンはすぐ抜けたようだが、自分たちと同じ日程で見ている人がいるようだ。なんという失態。実は計画段階で、北海道にインドガンやハイイロガンがいることは知っていたので、来ないかな、という発言をしていたのだ。アシナガシギの件といい、FBIでも一定の活躍が見込まれる予知能力である。この時から、インドガン狙いの再訪を耽々と計画する日々が始まった。
69
~
66
Nov 6
~
Nov 3
葛西臨海公園他
TOKYO Pref.
01. Snow Goose juv318. Eurasian Sparrowhawk35. Carrion Crow
02. Gadwall19. Northern Goshawk36. Large-billed Crow
03. Falcated Duck20. Black-eared Kite37. Japanese Tit
04. Mallard21. Eastern Buzzard38. Eurasian Skylark
05. Eastern Spot-billed Duck22. Brown-cheeked Rail39. Brown-eared Bulbul
06. Northern Shoveler23. Baillon's Crake juv140. White-cheeked Starling
07. Northern Pintail24. Ruddy-breasted Crake41. Dusky Thrush
08. Eurasian Teal25. Common Moorhen42. Daurian Redstart
09. Common Pochard26. Eurasian Coot43. Eurasian Tree Sparrow
10. Tufted Duck27. Long-billed Dowitcher44. Black-backed Wagtail
11. Greater Scaup28. Common Greenshank45. Japanese Wagtail
12. Little Grebe29. Black-headed Gull46. Buff-bellied Pipit
13. Yellow Bittern30. Rock Dove47. Grey-capped Greenfinch
14. Grey Heron31. Oriental Turtle Dove48. Black-faced Bunting
15. Great Egret32. Common Kingfisher49. Common Reed Bunting
16. Little Egret33. Bull-headed Shrike
17. Great Cormorant34. Azure-winged Magpie
358 575
珍鳥とは何だろうか。日本へ迷行してきた鳥か、それとも絶滅の危機に瀕している鳥か。もしそうならば、この鳥は珍鳥ではないだろう。日本国内で繁殖・越冬し、国外にも広く分布する。しかし、鳥見15年の中で未だかつてその姿を見たことはない。そんな鳥が舳倉島遠征中に葛西に現れた。抜けないように祈りながら突っ返しの船に乗り、そのまま東京へ。翌朝まだ暗い中からセンター前のヨシ原の切れ目で待機する。ここに出てくるようだが、前日の雨で水位が上がったためか、一向に出る気配はない。しかし、ヨシ原の中からそれらしき声は聞こえてくるため、期待して待つ。時間とともに人が集まり、気づけば何重にも人の列ができていた。これだけの人出だと警戒してしまって出ないかと思いながら、クイナ類の動きが活発になる夕方にかけることにする。待っている間はヨシゴイの幼鳥やクイナ、ヒクイナが出る。この調子でヒメが続いてくれることに期待。すると、午後3時頃、左のヨシ原から飛び出して右に入っていく小さな鳥を一瞬捉えた。明らかにヒクイナのサイズではなくこの状況下ではヒメクイナ以外に該当するものはいないだろうが、コクイナでは無かったかと言われるとコクイナかもしれないのでライファーにはできない。右側のヨシ原から出てくるのではないかと期待して待つが、その後出てくることはなかった。左側で待っていた人は右奥のヨシ原の隙間を歩く姿を辛うじて見ることができたようだが、かなり厳しい状況だった。一瞬でも見ることができたのが幸い。明日リベンジとなる。
チャレンジ2日目。今日は用事があるので、朝の限られた時間しかいられない。日の出とともに到着すると、ほぼ同時になんとヒメクイナがあっさり登場。手前の浅い部分を歩きながら、5分くらいずっと採餌していた。まったく期待していなかっただけに拍子抜けしたが、じっくり観察することができた。嘴基部に赤味がないのでコクイナではない。成鳥になると真っ赤な虹彩も幼鳥なので淡色。ヨシ原に引っ込んでからは出てくることがなく、そのままタイムアップ。まだ暗い時間だったため写真はまったくダメで、明日も来ることになった。
そろそろ決着を付けたい3日目。昨日のように日の出とともに到着した。するとまたちょこっと出てきたが、暗くて全然ダメ。その後は出る気配の無いまま午後になる。一昨日同様、ヨシゴイ、クイナ、ヒクイナは出る。そしてまたも午後3時、左側からひょっこり現れてあっという間に飛んで右のヨシ原に入っていた。ヨシに入る前に少しとまってくれればいいのに。再来なく日没となり終了。いい加減明日は明るい時間にちゃんと見たい。
精神的にも疲れてきた4日目。いつ出るかわからない鳥に神経を集中させて待つ鳥見がどれだけきついことか。今日も早朝に出るかと思ったら出ない。これは嫌な予感。すると不意を打つように7時半頃左から右へ横切る。このパターンでこの後出た試しがないので、どうなるか分からなかったが、とりあえず全神経を右側のヨシ原に集中させる。そして、2時間が経過した時、遂に待ちわびた瞬間がやってきた。ヨシ原の奥で動く影、間違いなくヒメクイナ。だんだんと手前に来ている。水際まで出てきて、そのまま際を歩いて右手前へ。そこでちょっととまったかと思ったら、今度は左に向かって勢いよく走る。明るい太陽光がヒメクイナの体で反射し、鮮明な像を網膜に結ぶ。左側に渡り切るにはさすがに水位が高すぎたようで、最後は飛んでフィニッシュ。その時間わずか数十秒だったかと思うが、とても長い時間に感じた。この鳥見人生、ヒメクイナには何度振られたことか。神奈川県内には定期的に観察例があるフィールドがあるが、運の良い人がたまたま見たというだけで、まず見られるような環境ではない。何度、丸一日待ってただ凍えただけということがあったか。2年前の春の与那国島遠征ではヒメクイナの成鳥が沖縄本島北部で越冬しているからという理由だけで、本島探鳥を行程に組み込んだにも関わらず、ここ数日見られていないという無残な結果に。秋の宮古島遠征でも狙いの一つとして帰りに本島に寄っているのに見られず。そしてやっと今回願いが叶った。長かったが、達成感は一際大きい。次なる目標はもはや伝説レベルとなっているシマクイナ。これはどうやって狙えばいいのか。ヒメクイナに満足したので、58年ぶりに東京に飛来したとかで世間を賑わせているハクガンを見に行く。到着時には川で3羽並んで泳いでおり、ほどなくして飛んで河川敷へ。草をバクバク喰っていた。警戒心がなく、かなり近づくことができた。3羽とも幼鳥だが、換羽状況に違いがあり面白い。しばらくしてまた川に入って、戻ってきたところを見て撤収。両種とも是非越冬してもらいたい。今日は素晴らしい一日だった。
65
64
63
Nov 2
Nov 1
Oct 31
舳倉島
Ishikawa Pref.
01. Eurasian Wigeon17. Oriental Turtle Dove33. Grey-backed Thrush
02. Eastern Spot-billed Duck18. Great Spotted Woodpecker34. Pale Thrush
03. Streaked Shearwater19. Common Kestrel35. Dusky Thrush
04. Little Grebe20. Peregrine Falcon36. Red-flanked Bluetail
05. (Von Schrenck's Bittern)21. Great Grey Shrike 237. Daurian Redstart
06. Grey Heron22. Black Drongo38. Stejneger's Stonechat
07. Great Egret23. Coal Tit39. Siberian Accentor 10+
08. Little Egret24. Varied Tit40. Black-backed Wagtail
09. Japanese Cormorant25. Japanese Tit41. Brambling
10. Eurasian Sparrowhawk26. Brown-eared Bulbul42. Hawfinch
11. Black-eared Kite27. Japanese Bush Warbler43. Eurasian Bullfinch
12. Eastern Buzzard28. Dusky Warbler44. Grey-capped Greenfinch
13. Hooded Crane29. Japanese White-eye45. Eurasian Siskin
14. Northern Lapwing30. Goldcrest +46. Meadow Bunting
15. Black-tailed Gull31. Eurasian Wren47. Yellow-throated Bunting
16. Japanese Wood Pigeon32. Common Starling48. Black-faced Bunting
356 574
今年はノドジロムシクイの日本初記録が出るなど、飛島が当たりまくっている一方、舳倉島は見劣りする感は否めないが、もともとの予定なのでしょうがない。ヤマヒバリ狙いであえて遅めに設定した舳倉島遠征へ。事前情報ではヤマヒバリは当たり年で、さらに赤いアカマシコも入っているとのことで、期待を高める。島に着くととりあえずヤマヒバリが見られているポイントへと向かうが、いないようなので、島を一周する。つかさ手前でホシムクドリを確認。ミヤマホオジロは意外とヤマヒバリと配色が似ているのでドキッとする。竜神池からぐるっと回って水場へ。ちょうどカラアカハラが顔を出す。キクイタダキが多いので、今冬は関東でも当たるだろう。船着き場の脇に戻ってくると、ヤマヒバリが登場していた。最初は地面を動いていたが、しばらくして木の上へ。待っているとまた地面に降りてきて、かなり近くで見ることができた。しかもなんと3羽いるのだ。なんと贅沢な時間であろうか。カヤクグリやイワヒバリのシックな美しさに、上手く派手さを調和させた素晴らしい配色。ウスヤマヒバリだとトーンが物足りないが、こちらもいつかモンゴルで狙いたい。つかさ前ではオオモズの幼鳥。小学生から10年追い続け、昨年渡良瀬でようやく見れた鳥だが、一度見ると急に見られるようになるという法則に則っている。近くにいたミソザザイを狩ろうとしてこちらに突撃してきて、あと数センチで触れるところだった。その後、タヒバリ海岸からNTT塔に向かって歩いていると、独特の飛び方で飛んでくる鳥。おもわずDrongo!と叫んでしまいそうだったが、ここは日本だった。海外でも未見のカンムリオウチュウだと良かったのだが、ただのオウチュウだった。それでも、台湾固有亜種しか見たことがないので、嬉しい。日本に飛来する亜種は日本鳥類目録では不明とされ、Birds of East Asia では cathoecus とされる。松に何回かとまって飛び去った。その後はまだ出ていたヤマヒバリをちらっと確認して、日が暮れる中宿に戻った。アカマシコは抜けたようだ。
朝からライファー狙いで島中を歩き回るが、あまり鳥影は多くない。ヤマヒバリの渡りが遅いだけで、鳥全体の渡りのピークは過ぎている。水場はアトリくらい。NTT塔の辺りでオオヨシゴイの雄の死体を拾った方にお会いし、ご厚意により資料として撮影させていただいた。次列風切が幼羽だったので2年目か。できれば生きているうちに見たかった。声をかけていただいて感謝。校庭では昨日のオウチュウがフライングキャッチを繰り返している。灯台のほうにも移動していた。さらに、ぐるっと回って歩いて行った奥津比盗_社のそばでも確認。島中を元気に飛び回っているようだ。タヒバリ海岸に出る辺りでムジセッカ。ここはよくいる。つかさの先にもオウチュウがいたが、もしかして複数羽いるのか。個体識別は難しい。つきの横にもヤマヒバリ。もはやどこにでもいる。この個体もかなり近いし、場所がばれてないので一対一。ヤマヒバリを見ていると、上空を2羽の大型の鳥が飛んでくる。ヒメノガンとかだと最高なのだが、ナベヅルだった。和泉に渡る途中か。島の上をしばらく旋回していたので、もしかしたらつかさ前にでも降りないかと思ったが、そのまま遠くの空へ消えた。その後、適当に歩いていると、またまた2羽のヤマヒバリに遭遇。もう声だけの確認を合わせたら島で10羽は超えているだろう。全く警戒心がなく足元まで近づいてきて困る。十分満足したので海岸沿いを歩くと、またオオモズ。しかも昨日とは違う個体のようだ。こちらは成鳥に近いが、目先が褐色なので、まだ若いだろう。オオモズの渡りもこの時期なのだろうか。夕方、NTT塔の近くでアカゲラがいたので、ハシブトアカゲラではないかと期待しながら確認するも、普通のアカゲラだった。これで今日の探鳥は終了。
今日はちょっと午後から海が荒れるので、船は突っ返しだろうと思いながら、最後の悪あがきをする。しかし、またまたオオモズを見たくらい。一昨日見た1羽目の個体と思われる。その他は特におらず。予想通り突っ返しになり、船に乗る。また来春の再訪が楽しみである。今回は目的だったヤマヒバリを堪能することができ、ライファーは1種だったものの良い成果だった。そして、いつもならもっといたかった、と思う舳倉だが、今回は初めて一刻も早く舳倉から東京に帰りたいと思うのであった。この前のマレーシアといい、なぜ遠征中に珍鳥が出るのだろうか。
62
61
Oct 25
Oct 24
大洗-苫小牧航路
01. Mallard09. Short-tailed Shearwater17. Pomarine Skua
02. Northern Pintail10. (Flesh-footed Shearwater)18. Rhinoceros Auklet
03. Black Scoter11. Fork-tailed Storm Petrel19. Rock Dove
04. Laysan Albatross12. Eurasian Coot20. Peregrine Falcon
05. Black-footed Albatross13. Black-legged Kittiwake21. Japanese White-eye
06. Northern Fulmar14. Black-tailed Gull22. Brown-headed Thrush
07. Providence Petrel 115. Vega Gull23. Grey-capped Greenfinch
08. Streaked Shearwater16. Slaty-backed Gull
350 -
今年もこの時期がやってきた、ミナミオナガミズナギドリ狙いで乗る大洗‐苫小牧航路。ハジロミズナギドリとアホウドリにも期待する。これを書くのもう何度目だろうか。いい加減見たいのだが。しかし昨年までと違うのは後輩を誘ったので目が多く発見率が上がるという点である。いつも通り深夜便なので、乗り込んだらすぐ寝る。翌朝日の出とともに甲板へ。風は穏やかで観察しやすい。見始めると、コアホウドリ、クロアシアホウドリ、フルマカモメなど常連はすんなりと出るが、期待3種は出ない。期待が高まる午後の海域になっても、特に変化はなく、オオミズナギドリが無数に飛んでいて、混じってもハシボソミズナギドリくらい。ウミスズメ類はウトウのみ。結局往路は単調なまま苫小牧に着。
復路も朝から甲板へ。昨日とは変わって強風が吹き荒れる。期待を高めながら、飛んでいる鳥を1羽ずつ確認していくが、期待3種の姿はない。波が高く見にくい。昼頃波間に一瞬ハイイロウミツバメを確認するが、すぐにロスト。相変わらずの強風で波しぶきが襲ってくる。これに耐えかねたのか後輩はいよいよ船内に撤退。なので、ここからは通常の大苫。ミズナギドリ、アホウドリ類ともに絶え間なく飛ぶが、まず種の認識が困難だし、カメラが強風で倒れないように注意しながら、レンズに波しぶきがつかないようにガードしているともはや撮影どころの話ではない。気力でハジロナギが進行方向とは逆に軽やか風に流されていくのを見て、16時過ぎに観察を終了した。そろそろミナミオナガって本当にいるんだろうかと疑いたくなる。もはやシドニー沖クルーズに乗ったほうがいろいろと良い気がする。
60
59
Oct 10
Oct 09
武山
KANAGAWA Pref.
01. Black-eared Kite09. Carrion Crow17. White-cheeked Starling
02. Grey-faced Buzzard10. Large-billed Crow18. Pale Thrush
03. Rock Dove11. Varied Tit19. Grey-streaked Flycatcher
04. Oriental Turtle Dove12. Japanese Tit20. Narcissus Flycatcher
05. Pacific Swift13. Brown-eared Bulbul21. White-throated Rock Thrush 1
06. Japanese Pygmy Woodpecker14. Japanese Bush Warbler22. Eurasian Tree Sparrow
07. Japanese Green Woodpecker15. Japanese Leaf Warbler23. Black-backed Wagtail
08. Bull-headed Shrike16. Japanese White-eye
347 573
なぜか太平洋側に現れたヒメイソヒヨ、最近は舳倉島の常連となりつつあるが、運が悪いのかまだ見ることができていない。まさか地元神奈川で記録されるとは思わなかったが、貴重な観察記録となるので、見に行くことにした。山を登っていくと、カメラマンが集まっている。どうやらミズキの実を食べに来るようだ。ほどなくしてヒメイソが現れたが、すぐに飛び去ってしまう。まだ暗く枝の向こうのシルエットのみ。その後はなかなか出現することなく、お昼前になってようやく全身を見ることができた。しかし、写真はピントが来ておらず、羽衣の記録としては使えない。次に出るのをひたすら待つが、皆諦めて帰る。夕方、残り数人になった時にようやく再び現れた。今度はしばらくとまっていたのでじっくり見ることができたが、上面側が全く見えない。そのまま飛び去ってしまい今日は終了。待っている間はタカの渡りのポイントであるだけにサシバが飛び、エゾビタキなどのヒタキ類も観察できた。サメビタキにも期待していたのだが、見つからず。
昨日満足行く観察ができなかったので、再び武山へ。昨日同様にたくさんのカメラマンがひしめき合う。しばらく待つとミズキの実を食べにやってきたが、枝の向こうでしっかり見えない。何度目かの飛来で奥の木にとまった姿を枝の隙間から発見。上手く自分の位置だけから抜ける場所を見つけ、ようやく上面も観察することができた。雄の幼羽から第一回冬羽に換羽中のため、上面の羽には羽縁のある幼羽がほとんど。小雨覆の青色い部分はしっかり出ていた。頭部の青色部にはやや褐色味が残り、顔も全然黒くない。英名になっている喉の白斑はしっかり確認できる。この鳥といいアオショウビンといい、こんなカラフルなのに、わざわざ白い喉を名に取ってくるセンスは面白い。成鳥もぜひ見てみたいが、それが叶うのは舳倉か東南アジアか。それしてもすごいカメラマンの数。数台しか止められない駐車場から車が溢れ、警察が出動する騒ぎとなった。近年のレベルが低い(というよりレベルが付与できない)カメラマンによりこのような事態は日常茶飯事となってしまった。一貫して、観察記録としてネット上に公開する行為は規制されるべきではないと考えているが、自分の立場をわかっていないカメラマンが存在している以上、公開を遅らせたり、非公開とする動きは行わざるを得ないものだと思っている。にもかかわらず、昨日来ていた、とあるブログの人物は、種名・地名を書き即日公開という正常とは思えない行動に出ている。そのブログは多方面から嫌われているようだが、全く気にしていないようだ。何より怖いのは、まるでヨットのように逆風の中を突き進んでしまう自己満足の思考。ブログ中の「特別配慮」「親切情報」などの文面からは、私たちが情報を与えている、"やさしい"人間であるかのような自己陶酔が読み取れる。識別能力に関しては皆無であることもその愚行を際立たせる。いつかその逆風の中に沈むことを願う。ちなみに、文面に出てくるヨットはあくまでも比喩表現であり、ブログタイトルとは一切関係ないので。一応、「特別配慮」「親切情報」。
58 Sep 30 西の洲
IBARAKI Pref.
12:00~15:30
01. Eastern Spot-billed Duck10. Common Redshank 119. Carrion Crow
02. Grey Heron11. Marsh Sandpiper +20. Large-billed Crow
03. Great Egret12. Common Greenshank21. Brown-eared Bulbul
04. Little Egret13. Wood Sandpiper22. Sand Martin
05. Great Cormorant14. Dunlin23. Oriental Reed Warbler
06. Black-eared Kite15. Stilt Sandpiper 124. White-cheeked Starling
07. Long-billed Dowitcher 116. Ruff 125. Eurasian Tree Sparrow
08. Eastern Black-tailed Godwit 317. Rock Dove26. Black-backed Wagtail
09. Spotted Redshank 118. Oriental Turtle Dove
346 572
タマンネガラの宿の頼りないWi-fiが辛うじて捉えたLINEには、稲敷にアシナガシギの文字。マレーシアで日本の珍鳥情報を聞いてもそれどころではないというのが実情だが、長年見たかった鳥であるだけに抜けないことを祈る。帰国前日にはまだいるとのこと。翌日朝成田空港に到着後、再確認すると今いるとのことで、成田駅にスーツケースを預け、電車に飛び乗る。下総神崎駅から10kmほどの道のりを1時間ちょいかけて歩き、昼過ぎに到着。ポイントはかなり水の深いハス田で、たくさんのシギチが群れている。その中を焦りつつ慎重に探すと、無事アシナガシギの姿を見つけることができた。ちょっと距離があり、水位が高いせいで足が完全に浸かっているが、独特の風貌はアシナガ以外の何物でもない。サルハマを伸ばしていったこの感じ、大変素晴らしい。さすがの長い足でこの水位をものともせずに採餌していた。前回関東に出たのは2004年だったと記憶しているが、その時はまだ鳥見を始めて4年目、まだ価値が分かっておらず見逃していた。その時は成鳥であり、今回は幼鳥。正確にいうと幼羽から第一回冬羽への換羽中。肩羽に何枚か冬羽が見えている。幼鳥はおそらく日本初記録ではないか。アシナガの混じる群れにはオグロシギ、オオハシシギ、ツルシギ、アカアシシギなどなかなか濃いメンツが揃っていた。どうやら今月中旬頃から観察されていたようで、基本コアオアシシギの群れと行動を共にしているようだ。このままコアオアシの越冬群に混じってくれれば、来春まで楽しめると思うが、果たしてどうなるだろうか。コキアシの時はその夢儚くも散っているので、期待しないでおく。それにしても、自分の予知能力には感心するばかりで、実は先々週の白樺峠で、アシナガシギが稲敷に出たって聞いたら速攻で帰るけどね〜、という冗談を言っていたのである。この予知能力は今後も有効に利用したい。ここ5年ほど、そろそろ出るのではないか、と考えていた大物が無事見られ、大満足。次は、こちらも痛恨の見逃しをやってのけているオオキアシシギに期待。またはコバシチドリかコモンシギかマキバシギでも構わない。帰りは佐原方面に向かうバスに乗る。家に着いた時にはさすがに倒れこんだ。5日間熱帯雨林をさまよい続けてからの灼熱の田園は、意外ときつい。
58

53
Sep 29
~
Sep 24
MALAYSIA
01. Red Junglefowl32. Banded Woodpecker63. Barn Swallow
02. Crested Fireback33. Greater Yellownape64. Pacific Swallow
03. Great Argus34. Lesser Yellownape65. Chestnut-crowned Warbler
04. Grey Heron35. Crimson-winged Woodpecker66. Common Tailorbird
05. Great Egret36. Orange-backed Woodpecker67. Dark-necked Tailorbird
06. Crested Honey Buzzard37. Buff-necked Woodpecker68. Mountain Fulvetta
07. Lesser Fish Eagle38. Black-and-red Broadbill69. Abbott's Babbler
08. Spotted Dove39. Dusky Broadbill70. Moustached Babbler
09. Little Cuckoo-Dove40. Rufous-winged Philentoma71. Chestnut-capped Laughingthrush
10. Common Emerald Dove41. Large Cuckooshrike72. Blue-winged Minla
11. Mountain Imperial Pigeon42. Grey-chinned Minivet73. Silver-eared Mesia
12. Greater Coucal43. Brown Shrike74. Long-tailed Sibia
13. Raffles's Malkoha44. Dark-throated Oriole75. Asian Glossy Starling
14. Red-billed Malkoha45. Black-and-crimson Oriole76. Javan Myna
15. Black-bellied Malkoha46. Bronzed Drongo77. Common Myna
16. Plaintive Cuckoo47. Lesser Racket-tailed Drongo78. Oriental Magpie-Robin
17. (Brown Hawk-Owl V)48. Greater Racket-tailed Drongo79. Rufous-browed Flycatcher
18. Glossy Swiftlet49. White-throated Fantail80. Yellow-rumped Flycatcher
19. Edible-nest Swiftlet50. Black-naped Monarch81. Little Pied Flycatcher
20. Silver-backed Needletail51. Oriental Paradise Flycatcher82. Pygmy Flycatcher
21. Scarlet-rumped Trogon52. Black Magpie83. Greater Green Leefbird
22. Red-headed Trogon53. Common Green Magpie84. Orange-bellied Leafbird
23. Oriental Dollarbird54. House Crow85. Ruby-cheeked Sunbird
24. Stork-billed Kingfisher55. (Rail-babbler V)86. Brown-throated Sunbird
25. Common Kingfisher56. Sultan Tit87. Red-throated Sunbird
26. Red-bearded Bee-eater57. Straw-headed Bulbul88. Black-throated Sunbird
27. Blue-throated Bee-eater58. Grey-cheeked Bulbul89. Little Spiderhunter
28. Rhinoceros Hornbill59. Yellow-vented Bulbul90. Streaked Spiderhunter
29. Helmeted Hornbill60. Stripe-throated Bulbul91. Eurasian Tree Sparrow
30. Fire-tufted Barbet61. Spectacled Bulbul92. Grey Wagtail
31. Black-browed Barbet62. Mountain Bulbul93.
339 572
[25日]知り合いの方はウェストパプアに行っているが、さすがにそんな高額な遠征費用は出せない。かといって長い夏休みにどこにも遠征しないのももったいないので、安いベトナム航空で半島マレーシアへ。時期はあまり良くないが、マレーシア2トップの探鳥地であるフレーザーズヒルとタマンネガラを回れば割りと見れるだろうという粗い計画。ハノイ経由でクアラルンプール空港に着いたのは夜。レンタカーを借りるのだが、予約時の紙には3番出口で迎えますとか書いてあるくせに、いない。いろんな人に聞きまくり、どうにかレンタカー営業所まで辿り着く。無事借りることができた。フレーザーズヒルまで約3時間の運転。日本と同じ左側通行なので走りやすい。終盤はくねくねした、マレーシア版いろは坂ロングバージョンをひたすら上る。時計台の広場について仮眠をとり、朝が来るのを待つ。早朝さっそく探鳥を開始。シロハラアナツバメが飛び交う中とりあえずシャザンインホテルの前あたりから適当に歩く。まずいたのはタテジマクモカリドリ。じっととまっている。続いてチャガシラガビチョウが登場。比較的高地の鳥であり、ここでの期待種の一つだ。以前はボルネオチャガシラガビチョウ(Chestnut-hooded Laughingthrush)と同種だったが今は種分化している。続いてノドジロオウギビタキが尾羽を広げながら機敏な動きで現れた。ヒメオウチュウ、シキチョウもいる。しばらく歩いたところでミヤマヒヨドリ。これも高地の鳥である。樹冠に飛来したのはただのゴシキドリ。3月に見たタイワン産のゴシキドリは独立しているのでライファーだ。ノドグロタイヨウチョウの若い固体も登場。まだ色がはっきりしないのでやや識別に迷う。これも高地の鳥。ノドグロを見ていると急に大きな鳥が飛んでくる。顔を見て、一気に興奮。ここでのメインターゲットの一つ、アカフサゴシギドリだ。額から出る赤い飾り羽はもちろんのこと、顔の配色も非常に特徴的で、ゴシキドリの中でも派手な種になるだろう。木の実を食べに来ているようで、じっくり観察できた。少し離れた藪からはマユグロチメドリが登場。さすがチメドリ、素早い動きだが、これも高地の鳥でかなり分布が限定されているのでうれしい。タイやカンボジアにいるBlack-browed Fulvetta がマユグロから種分化したので、マレーシアかベトナムの高地で見るしかないし、亜種が違うので、ここのを抑えるのは大事だ。しばらく歩いて再びチャガシラ、ノドグロ。リュウキュウツバメを見ると落ち着く。時計台のまわりに戻ってきたとこで、オオオニサンショウクイ。ここで見られるのをジャワオニサンショウクイとしているサイトが多いのだが、ジャワ島固有種のはず。図鑑でもここのはジャワなので種分化が関わっているのか。ここら辺の分類はよくわからない。たぶんオオオニでいいはずなのだが。上空をヤマミカドバトの群れが通過。とまっているところを見たい。車に乗って適当に良さそうな場所を探していると、道路脇の植え込みに鳥が群がっている。アオバネコバシチメドリとオナガウタイチメドリ、そしてもう一つのメインターゲット、ゴシキソウチチョウだ。アオバネとオナガは若い固体。ゴシキは全身黄金に赤などのアクセントが入るさすがの美しさ。これを見れば日本人が持つチメドリへの悪いイメージは無くなるだろう。続いて場所を移動する。クリガシラモリムシクイと思われる小型の鳥が樹上を動いているが、すぐ見失う。続いてベニサンショウクイ。台湾産亜種と異なり喉も黒いのでもはやGrey-chinnedではない。アオバネ、ミヤマヒヨもいる。しばらく歩くと、ついに長い尾羽をひらひらさせている鳥を視野に捉えることができた。ぜひ見たかったヒメカザリオウチュウである。昨年シンガポールでカザリオウチュウを見ているが、それより一回り小さい。あちらは低地に生息するのに対してこちらは高地ですみ分けている。ムナグロはようやく成鳥を確認。それを見ていると樹上に2羽の鳥が飛来。アカハラコノハドリの番のようだ。枝が込み合ってよく見えないまま飛去したが、雄のオレンジ色の腹が目立つ。その後も山道を歩きながら探鳥する。ふと大きめの鳥が奥の茂みに入ったような気がした。いる、確かに動いている、異様な雰囲気が伝わる、そして捉えた赤色。間違いない、ズアカキヌバネドリだ。初キヌバネに興奮はピークに達し、震える手でシャッターを押す。どうやら番でいるようだ。雄は一度良いところに出てきてくれて、まさに絹の羽を目に焼きつけた。続いてキエリアオゲラ。後頭部の黄色が目立つ。マユグロも朝よりゆっくり見られた。バードウェーブが落ち着いてきたので、場所を変え、池のほとりを歩く。休憩していると藪を動く小さな青い鳥。アオヒタキ類だが、ここらへんの系統は識別が難しい。辛うじて撮れた写真と場所から考察するに、コビトアオヒタキだろうという結論になった。上空をルリノドハチクイが通過。ハチクイの飛翔シルエットは独特だ。再び山道に戻るとヒムネスミゴロモが登場。これも高地の鳥。ヒゴロモを胸以外黒くしたような感じだ。続いてハジロマユヒタキの番。小さなヒタキでかなり可愛い。雌単体だと識別に迷いそう。最後にアカモズを見て終了。フレーザーズヒルの宿は高かったので、山を下りたラウブにとった一泊2000円くらいの安宿にとまる。
[26日]よく朝真っ暗なうちにラウブを出て、1時間ほどでフレーザーズヒルに到着。今日の午後にはタマンネガラに移動してしまうので、気合を入れて探鳥する。初っ端からアカメヒタキが出るが遠いカーブの先ですぐ飛んでしまう。オナガウタイチメドリはたくさん群れている。山道を下っていくと遂にサルタンガラが登場。霧で霞んでいたが、黄色と黒の派手な体色はそれでも奇麗だ。冠羽が黒いベトナム中部の亜種はそのうち種分化しそうなので、そちらも見てみたい。その後も山道を下ると、実のなる木にヒメオナガバトが小群で飛来していた。cuckoo-dove類は初だが、たしかにカッコウのフォルムに近いか。アオバネコバシとチャガシラガビも混じる。さらにヒメアオゲラ。昨日のキエリアオゲラより一回り小さい。あっという間にいなくなる。近くにオナガウタイが来たと思ったら同時に目の前に全身緑色の鳥。慌ててカメラを向けた頃にはすでに高い木の上の後ろ姿。それでも憧れのヘキサンに会えてうれしい。高校の化学で(有機溶媒の)ヘキサンが出る度にこの鳥への思いは強まった。タンビヘキサンやシクロヘキサンもいつかは見てみたい。最後にゴシキドリとアカフサゴシキドリで締めて、フレーザーズヒルを後にし、タマンネガラへ。ジェラントットの町からタマンネガラへの道は長く直線なのでかっ飛ばせる。昔はクアタハランまで行って、そこから船だったらしいが、今は宿泊地であるムティアラ・タマンネガラの対岸まで車で行くことが可能だ。駐車場に車をとめると係員が来て何日間だと聞いてくるので、金を払う。ムティアラ・タマンネガラへ行くには川を渡る必要があるが、舟はたくさんあるので問題ない。適当に声をかけて乗せてもらう。受付を済ませると、日本語でアリガトウ、日本人もたくさん訪れる有名な場所なので覚えているのだろう。多くの人は水曜どうでしょうでこの場所を知っているはずだ。安く済ませるためドミトリーだが、他に誰もいないので、8人部屋を一人で占領する。荷物を置いてさっそくロッジの周りを歩くとレストラン裏に普通にセイランの雌が歩いている。足環が付いていたので飼われているのかと思ったが、聞くと野生だという。保護鳥なのだろうか。いきなりメインターゲットを見ることができたので拍子抜けした。飛んでいる虫を追いかけて食べていた。マレー半島、スマトラ島産亜種をしっかり見るのはここが一番良いのではないだろうか。ボルネオ産亜種はボルネオで見るしかない。さらにここは幻のカンムリセイランにマレーエボシコクジャクも(きっと)いるので、キジ類好きには堪らない場所だ。キビタイヒヨドリは普通に多い。もう少し珍しいのかと思っていたが。さらにヒメカッコウが夕暮れの中、餌をとっている。レストランで食事する。バイキング形式なので、好きな物を好きなだけ食べられる。名物である野生のマレーバクも登場。公園主催のナイトウォッチングに参加してみるが、野生動物全般が対象のようで鳥は最後にコクモカリドリ寝ているところを見せてもらっただけ。青く光るサソリは見られた。その後セルフで夜のタマンネガラを歩いてみたが、かなり高い所からBrown Hawk-owl の鳴き声が聞こえてくる程度。
[27日] 夜明けとともに活動を開始する。ロッジのまわりを歩くと、木にタイヨウチョウの仲間が一羽。込み合った枝葉の奥で見づらいが、チャノドではなさそうな喉の赤さ。ノドアカコバシタイヨウチョウだと思われる。その他一年ぶりのオナガサイホウチョウ。朝食を食べてから森へ入る。さっそくオオバンケンが頭上の低い位置に現れるが、ここでも込み合った枝のせいで頭しか見えない。とにかくでかいのは分かった。木道を歩くとクロカケスが2羽で登場。割と広域に分布している鳥。階段をのぼりながら山の頂上を目指すが、暗く視界の悪い森の中では鳥が探しづらい。フレイザーズヒルの探鳥のしやすさが素晴らしかった。途中にはキャノピーウォークもあり、ここからなら目線で鳥が見られると思ったが、あまり鳥がいない。活性が悪い。まだ目が慣れていないし、声への対応も厳しい。あと観光客が意外といるので鳥が出てこないのもあるかもしれない。頂上に到着し、今度は別の道を降りる。するとすぐに緑色の鳥が目に入る。確認するとノドアカハチクイ。強烈な顔のインパクトで是非とも見ておきたい鳥だった。だんだんと近く移動してくれて真下で見ることができた。さらに降りるとチャバネアカメヒタキの雌。最初は何かわからなかったが、合っているはず。すっきりとは見られない。続いてOriental Paradise Flycatcher が数羽で騒いでいる場面に遭遇。かつてのカワリサンコウチョウ=Asian Paradise Flycatcher だが、最近種分化した。旧Asian PF はIndian PF に英名が変更され、現在カワリの和名が当てられているのはIndian。ここマレーシアなど東南アジアで見られるのはOriental PFとして種分化。さらに中国などに分布する亜種も、Amur PFとして分かれたため、とても識別がややこしい。日本でも与那国島で記録されたらしいが、おそらくAmurなのだろう。種分化を反映した図鑑がないので、識別点などは亜種時代の文献を集めてくるしかない。コアカメチャイロヒヨも登場。アイリングが目立つ。下り続けると尾の長い鳥、クロバンケンモドキだ。バンケンモドキ類は初めて見るが、ホトトギスと同じカッコウ科とは到底思えない。ガマヒロハシも頭上の高い位置に飛来するが、腹しか見ることができない。山道から川沿いの道へ。クロアカヒロハシが葉の隙間から見え隠れする。ヒロハシの仲間は、体に対して頭部が大きく、その点ではヤイロチョウ類に通ずるものがある。大きな嘴と相まって人気の高い仲間だ。その横ではオオコノハドリかと思われる鳥が動き回っている。コノハドリとの識別は意外と難しいが、おそらくオオで良いのではないかと思う。自信はない。ブンブンに寄ってみるが、やはりさすがに一人でここにとまる勇気はないなと思った。窓は筒抜け、電気なし、ベットもボロい。その後川沿いを歩きながら宿方面へ戻る。チャノドコバシタイヨウチョウが現れる。昨年のシンガポールで期待して見れなかった種。森の中はもう暗いが、ロッジの周りはまだ探鳥できるので、歩いてみると、とりあえずキビタイヒヨは見られる。小鳥が木の中に入ってので見てみるとマミジロキビタキ。最近の離島では会えていなかったので嬉しい。まさか飛島に次ぐ2度目の観察がタマンネガラになるとは想像していなかった。上空はアナツバメに混じってクロビタイハリオアマツバメ。日没後にまたナイトバーディングをしてみたが声のみで成果なし。
[28日]夜明けくらいに起床。朝食を食べて、昨日とは逆回りで歩こうとすると、ロッジの先の芝生で悠々とコシアカキジが歩いている。雄1羽に雌2羽。初っ端からメインターゲットを見ることができて幸先の良いスタートだ。マレー半島産亜種をしっかり見るのはここぐらいしかないだろう。ボルネオ産亜種も見てみたい。腰の赤色と体の青色がとても奇麗。英名のcrestedに対してcrestless、ウチワキジもいるのだが、こちらは狙うのがかなり難しい。セキショクヤケイも同時に現れた。シンガポール植物園で歩いているのを見たが、あれは篭脱けだろうから野生は初。コケコッコー鳴いているのを何度か聞いたが、養鶏場にいる気分になってしまう。森に入るとキヌバネドリが一瞬姿を見せるが、種の特定には至らず。キンバトは台湾に続いて今年2度目。いまさらだが宮古島で見る必要は全く無かった。ハシブトムジチメドリが虫を咥えながら登場。広域種だ。モリアオゲラは木をどんどん上がっていく。翼のの赤色が目立ち、シマベニアオゲラとキエリアオゲラの中間のような感じ。クリイロバンケンモドキは割と開けたところに出てきてくれた。全身の栗色が森の中では一際目を引く。昨日雌だけだったアカメチャバネヒタキは雄を確認。サンコウチョウとクロエリヒタキを足して2で割ったようだ。ハイガシラカンムリヒヨドリは葉が被って頭しか見えない。歩いていると、藪がガサガサしているので何かと思ったら、セイランだった。若い雄のようで、速足で森の奥へ消えていく。これは正真正銘の野生個体だが、尾の長い雄の成鳥を見るのは難しそうだ。川沿いで待機してカワセミ類を狙っていると、突然コウオクイワシが飛んできて、近くの木にとまった。手前に枝があり、部分的にしか見えないが、凛々しい顔はしっかりと見ることができた。しばらくすると飛び去った。ブンブンへ行くとクロエリヒタキ。台湾産亜種oberholseri しかみたことがなかったが、マレー半島の亜種はprophata となる。川沿いに戻るとコウハシショウビンが川面すれすれを飛ぶ。昨年のシンガポールに次いで2回目。マレー半島の北と中~南部で亜種が違うみたいだが、おそらくタマンネガラはシンガポールの亜種malaccensis と同じだろうと思う。その後は山を登る。低木を素早く動き回っていたのはヒゲチャイロチメドリ。この辺りのチメドリはまだ瞬時には識別できないが、何個体か見ることができた。葉の隙間から種がよく分からない鳥が辛うじて見える。腹に斑があり、何かのツグミ類の雌のような気がしたが、上面など緑色味が強く該当する種がいない。後で調べてみた結果、どうやらムナフコウライウグイスの雌ということで落ち着いた。さらに歩くと、カレハゲラがかなり近いところにとまってくれた。全身が黒っぽいが、縞模様があり奇麗。ハチクマが高い木の上からこちらを見ている。進むと、赤っぽい鳥がとまっている。そのシルエットからキヌバネドリであることはすぐにわかった。ゆっくり近づきながら種を確認すると、コシアカキヌバネドリ。青い眉斑が特徴的。しばらくいくと木の上からドラミングが聞こえる。探すと背中だけ確認することができ、その模様からアカハラコガネゲラだと分かった。非常に見にくかったが、タマンネガラのキツツキ類の豊富さはすごい。森を切り裂くかと思うほどのでかい羽音がしたと思ったら、サイチョウが登場。初サイチョウにテンションが上がる。頭上で実を食べるので食べかすが落ちてくる。それにしてもすごい嘴。そして大きさ。これで果実食とか一日どのくらい食べているのだろうか。しばらくして飛び去った。その後はキガシラヒヨドリを確認。キビタイが多いのに対してキガシラは少ないようだ。日没とともに一旦鳥見を切り上げ、夕食後にナイトウォッチングをするが今日も声のみ。
[29日]最終日。移動を考えると昼前までが勝負。昨日サイチョウを見たポイントで再び大きな羽音がするので、探すと遠くの木にとまっている。やけに尾が長く見えたので慌てて確認すると、なんとオナガサイチョウ。現在密猟により急激に数を減らしている種である。この鳥の嘴の上のヘルメットのような突起はカスクと呼ばれ、このカスクに彫刻を施して加工したものが「赤い象牙」と呼ばれ珍重されてきたという過去がある。近年、中国の富裕層の間で需要が高まっており、密猟が多く発生してしまっているようだ。まったくシナ人は困る。対策に乗り出しているようだが、果たして効果を上げることができるのだろうか。これからもこの公園はこの鳥が見られる環境であり続けることを祈りたい。すぐに飛び去ってしまったものの、今回の旅のハイライトになる鳥であろう。しばらく待ってみたが、再び現れることはなかった。シマベニアオゲラやモリアオゲラなどを見ながら歩く。ハイガシラカンムリヒヨドリもじっくり見ることができた。歩いていると、ヒーとか細く鳴く声、間違いない、クイナチメドリだ。一気に興奮と緊張が全身に蔓延する。自分で自分を落ち着かせながらゆっくり近づいていくが、独特の声は場所の特定がし辛い。あとちょっとのところまで来たのに鳴きやんでしまった。しばらくして遠くから再び聞こえたがもう無理。足音も一切しないので、いつ動いたのかもわからない。まだ日本人では一人しか撮影に成功していないはずのクイナチメドリ、いつかその姿をこの目に焼き付けることはできるのだろうか。その後アカハラコガネゲラが大木に懸命に穴を掘っている様子をじっくり観察。さらにアカハシバンケンモドキもちらっと現れた。バンケンモドキ3種目である。上面は灰色、下面が橙色なので、ちょうど今までの2種をくっつけたような感じ。クイナチメドリで時間を使ってしまったので、最後に川沿いで出たホオアカコバシタイヨウチョウもささっと見るだけ。タイヨウチョウはどの種も奇麗だが、特に赤が目立って美しい。荷物をもって川を渡り対岸へ。駐車場にとめていたレンタカーは何事もなくそこにあった。ダラントットまで戻ってきて、そのまま南下し高速へ。特に渋滞もなく、快調に飛ばす。行きは戸惑ったクアラルンプール市街地越えも帰りは飛行機のマークの看板のレーンを走っていれば着くので楽だ。レンタカーは鍵を受付に渡すだけという返却システムで特に傷のチェックとかもしない。帰りもベトナム航空なのでホーチミン経由。ベトナムも魅力的な鳥たちが多いので近いうちに行きたいと思う。翌朝に日本へ帰国。結構適当に組んだ遠征だったがライファー60種と悪くはない成果。見たかった鳥も見れたし、予想外の鳥も見たし、濃い5日間だった。また、初めて海外で運転してみたが、特に問題なくできたのも収穫。今後の行動範囲が広がるだろう。次は右側通行の国に挑戦してみたい。
52
51
Sep 20
Sep 19
白樺峠
NAGANO Pref.
01. Western Osprey10. White-throated Needletail 3+19. Long-tailed Tit
02. Crested Honey Buzzard 200+11. Great Spotted Woodpecker20. Japanese Leaf Warbler
03. Mountain Hawk-Eagle 112. Eurasian Jay21. Eurasian Nuthatch
04. Japanese Sparrowhawk13. Spotted Nutcracker22. Blue-and-white Flycatcher
05. Eurasian Sparrowhawk14. Coal Tit23. Narcissus Flycatcher
06. Black-eared Kite15. Willow Tit24. Grey Wagtail
07. Grey-faced Buzzard 100+16. Japanese Tit25. Olive-backed Pipit
08. Eastern Buzzard17. Barn Swallow26. Red Crossbill 30+
09. White-bellied Green Pigeon V18. Japanese Bush Warbler
265 -
生意気な後輩が白樺峠に連れていけとうるさいので、しょうがないので連れて行った。とてもやさしい先輩である。鳥見を15年やっているが、実は白樺峠に行くのは初めてだ。タカの渡りというと、どうしても場所の差は渡りのスケールの差になることが殆どで、種的には変わらないからなかなか行く気が起きない。宮古島のアカハラダカの渡りは見に行っていることからも自分の鳥見の傾向が見てとれる。とはいえ一度は来てみたかった場所だ。アカアシチョウゲンボウが飛んでくれれば最高なのだが。早朝からスタンバイする。上昇気流の出方や風向きにより渡る数は左右されるのだが、今日はそんなに期待したほど飛ばないな、という印象。それでも見る機会の少ないハチクマが近い距離を飛んでくれる。個体差も多く見ていて楽しい。断続的に渡りは続く。昼前、ふと見上げた空に旋回している個体がサシバ大で全身黒い。これはもしやと思って確認するとサシバの暗色型、通称クロサシバだった。1000羽に1羽くらいの確率で生まれるらしいが、初観察となる。本当はもっと少ないのではないか。シックでとても美しい。遠くにはクマタカも飛ぶ。本当は明日乗鞍に移動してライチョウを狙おうと思っていたのだが、まあ来年でいいかということで、引き続きタカの渡りを見ることにした。
今日も早朝からスタンバイする。昨日のクロサシバがあるので、今日も何かしらサプライズがあるのではないかと期待。すると後方からイスカの声。この前見たばかりだが、ここでも見られるとは思わなかった。ただ木の天辺で遠かったので、やはりこの前みたいな状況は稀だろう。30羽ほどの群れだが、ナキイスカは混じっていない。タカの渡りのほうはというと、ハチクマ、サシバともに昨日と同じ感じの個体数で、決して圧巻とは言えないが、距離が近いので良い。ハリオアマツバメも何羽か飛んでいる。残念ながらクロビタイは混じっていない。中央道が混むといけないので、昼頃に白樺峠を後にした。思っていたより良いフィールドだったが、ひとつだけ残念だったことがある。タカの観察スペースで観察していた時、後期高齢者が一人現れて、通路に座り込んだ。周りにいた人が注意すると逆ギレして突っかかってきた。しかし、後輩に対応させてから止めを刺すか、最初からフルボッコにするか決めかねているうちに、どっかにいってしまった。久しぶりに良質な餌が供給されたと思ったのに、非常に残念であった。
50 Sep 12
三浦半島沖
KANAGAWA Pref.
8:00~15:00
01. Laysan Albatross 104. Masked Booby ?07. Red-necked Phalarope 5+
02. Streaked Shearwater ++05. Japanese Cormorant08. Black-tailed Gull
03. Pacific Reef Heron06. Common Sandpiper09. Blue Rock Thrush
261 -
お誘いただき漁船で三浦半島沖の海へ。この時期に船を出すのは初のようだったが、ミナミオナガミズナギドリやハジロミズナギドリなどに期待する。クロサギに見送られ沖に出るとオオミズナギドリはたくさん飛んでいる。一羽一羽確認していくが違うのは混じっておらず、アカエリヒレアシシギが数羽浮かんでいる程度。全部幼鳥のようだ。さらに進むと、遠くに白い巨体が佇んでいるのが視野に入る。間違いなくアホウドリ類だ。遠くて種が分からなかったが、近づくにつれてだんだんと鮮明になる。コアホウドリだ。全く警戒心がないようで、ついには船に嘴が当たるレベル。これまでコアホウはたくさん見てきたが、こんな状況で見るのは初めて。どうやら左翼に異常があるようで変に曲がっていた。果たして飛べるのかわからないが、さらに進む。アカエリは、今度はやや夏羽の名残りがある個体が浮かんでいた。そろそろ終了というところで、カツオドリ系の鳥を皆一瞬目撃したのだが、波間にすぐ消えてしまい、正確な種の判断はできなかった。全員の断片的な情報をもとに判断すると、アオツラカツオドリの幼鳥の可能性があったが、真相は謎。9月は鳥の数は少ないが、当たると面白そうだと思った。その後強まる風の中港に帰った。
49 Sep 11
奥庭
YAMANASHI Pref.
9:30~16:00
01. Grey-faced Buzzard05. Willow Tit09. Red Crossbill 10+
02. Spotted Nutcracker 106. Japanese Tit10. Eurasian Bullfinch
03. Coal Tit07. Japanese Leaf Warbler V
04. Varied Tit08. Red-flanked Bluetail
259 -
小学生の時はよく行っていた奥庭にも、最近はめっきり行かなくなってしまった。イスカの群れが水場によく来ていると聞いて、久しぶりの訪問となった。到着時はまだ出ていないようだ。待っているとヒガラ、コガラ、ルリビタキ、ウソなど夏の高山らしい鳥が出てくる。メボソムシクイも奥で鳴いているが水場には来ない。昼過ぎになってもイスカは鳴き声すらしないので、諦めて帰る人が出始める。そんな時上空をイスカっぽい群れが飛ぶが、誰も気づいていない。人が減ったほうが出る確率が上がるので、お帰りいただく。すると2時半過ぎ、ホシガラスが登場。少し活気が出てきたかと思ったら、鳴き声とともにイスカの群れが水場周辺の松の天辺にとまった。しばらくは松にいたが、待っていると、後ろの水溜まりに降りて水飲みを始めた。かなり近い。しかも目線なので、こんな良い条件はなかなか無いだろう。真っ赤な雄も何羽か確認することができた。という雄のほうが多いんではないか。水を飲んだ群れは奥の林へと消えていった。離島でさえなかなかイスカをしっかり観察する機会に恵まれていなかったので、とても満足して山を下りた。
48 Sep 5
谷津干潟
CHIBA Pref.
7:30~15:00
01. Grey Heron07. Lesser Sand Plover13. Black-tailed Gull
02. Great Egret08. Grey-tailed Tattler14. Rock Dove
03. Little Egret09. SURFKNOT 1s115. White-cheeked Starling
04. Great Cormorant10. Red-necked Stint16. Eurasian Tree Sparrow
05. Black-winged Stilt11. Little Stint 1s117. Black-backed Wagtail
06. Grey Plover12. Broad-billed Sandpiper juv1
257 -
この時期はどうしても干潟通いが続いてしまう。キリアイが飛来したとの報で今季3度目の谷津干潟へ。おそらくバラ園側にいるだろうと思っていくとその通りだった。いつもここにいる忙しなく採餌していたが、ときどき伸びをしたりする姿が見られた。キリアイも当たりはずれが大きい鳥だが、今年も無事確認。キリアイの多い年はヘラシギが入らないかと期待してしまうが、あと一ヶ月少々、今シーズンはどんな珍シギチを見ることができるだろうか。先月から見られているSURFKNOTやヨーロッパトウネンも健在。換羽が進んでおり、新しい内側初列が伸びてきていた。SURFKOTは満潮になると、高校側の杭の上へと移動した。数日前にも杭にとまったらしくぜひその姿も見たいと思っていたが、いとも簡単に実現した。越冬して来春成鳥夏羽を見るのが今から楽しみだ。
47
46
Aug 30
Aug 29
三番瀬
CHIBA Pref.
6:00~16:00
01. Greater Scaup13. Far Eastern Curlew25. Little Tern
02. Grey Heron14. Grey-tailed Tattler26. Common Tern
03. Great Egret15. Terek Sandpiper27. Rock Dove
04. Intermediate Egret16. Great Knot28. Oriental Turtle Dove
05. Little Egret17. SURFKNOT29. Large-billed Crow
06. Chinese Egret 118. Red Knot30. Barn Swallow
07. Great Cormorant19. Sanderling31. Zitting Cisticola
08. Eurasian Oystercatcher20. Red-necked Stint32. White-cheeked Starling
09. Grey Plover21. Dunlin33. Eurasian Tree Sparrow
10. Kentish Plover22. Red-necked Phalarope34. Black-backed Wagtail
11. Lesser Sand Plover23. Black-tailed Gull
12. Bar-tailed Godwit24. Slaty-backed Gull
256 -
この前葛西で見逃したカラシラサギが今度は三番瀬に出ているとのことで、そろそろ本格化してくる秋のシギチの渡りも期待して、また三番瀬へ。到着してすぐにカラシラと思われる個体を見つけることができたが、なんか顔の印象がやさしく、今まで見てきたカラシラと異なる。ただ、上下ともに嘴が黄色いことや、足が全体的に黄緑色であることなど、一般的なコサギの幼鳥とも違うように見えた。大勢の人が来ていたが、ベテラン勢も含め皆カラシラだと言う。まあこんな感じのカラシラもいるだろうということで、現場では納得して帰宅した。シギチは先日から引き続き見られているSURFKNOT、コオバシギ幼鳥の他、オバシギ幼鳥の姿もあった。家に到着、やっぱりカラシラのことが気になって画像を確認しているうちにこれはコサギだという思いが強くなった。最大の識別点は目先の窪みだろう。これがあることによってカラシラ独特の目つきの悪さが際立つ。疑惑のサギにはこの窪みがないことから、コサギである可能性が高いと判断した。カラシラとコサギは非常に識別が難しい部類であるとはいえ、ファーストインプレッションを犠牲にして多少周りに流されたのは自分として恥じる点である。本物のカラシラを今日は見ていないことになり、疑惑の個体の真相も確かめるべく翌日も行くことに決めた。
二日連続の三番瀬なんて過去にあったのか記憶が定かではないが、到着すると、疑惑のサギはすぐに見つけることができた。やはり目つきが優しい。見れば見るほど自分の中ではコサギに見えるが、幼鳥とはいえこんなコサギが普通ではないこともまた事実だ。本物のカラシラも無事見つけることができた。やはり目先に窪みがあり、目つきがだいぶ異なる印象。さらにこのところ不定期に見られているというホウロクシギの幼鳥も見ることができた。カラシラとコサギの識別に関しては、目先の窪みがどれだけ適切で重要な識別点か、ということについては明確なことは言えないのが現状だろう。特にカラシラは極東固有の希少種であり、識別についてまだ不明な点が多い。極論を言ってしまえば、このサギがどちらか、なんてことは(DNA解析でもしない限り)だれにも証明できない。そもそも、識別とは何をもって正しいとするのか。100人中90人がAだといったらAになるのか、誰か著名な人がAだといったらAになるのか。分布と希少性から確率論的に判断するか。いや、もっと単純である。自分がAだと思ったらA。ただそれだけの世界であり、ただそれだけの世界が、自分自身の論理とプライドで構成されているかが重要だ。この個体についてはさまざまな意見があると思うが、ここでは自信を持ってコサギであると断言したいと思う。
45 Aug 23
田園
KANAGAWA Pref.
6:00~16:00
01. Eastern Spot-billed Duck08. Little Ringed Plover15. Barn Swallow
02. Black-crowned Night Heron09. Swinhoe's Snipe 116. Zitting Cisticola
03. Grey Heron10. Rock Dove17. White-cheeked Starling
04. Great Egret11. Oriental Turtle Dove18. Eurasian Tree Sparrow
05. Intermediate Egret12. House Swift19. Black-backed Wagtail
06. Little Egret13. Carrion Crow
07. Black-eared Kite14. Sand Martin
255 -
昨年のこの時期にハリオシギを観察しているため、今年も来ないかと期待しながら、県内の田園を歩く。いつものコースを歩きながら探すが、なかなか見つからない。しかし、やはりここにいるか、という感じで昨年ハリオがいた恒例のポイントで無事見つける。終始草むらに隠れており尾羽を確認することはできなかったが、明らかなチュウジ顔。全身が見えるところには出てこない。周囲も探したがこの1羽のみ。上空にはショウドウツバメやヒメアマツバメが飛び交っていた。結局ハリオは見つからず。
44 Aug 16
谷津干潟
CHIBA Pref.
6:00~16:00
01. Eurasian Wigeon15. Lesser Sand Plover29. Slaty-backed Gull
02. Eastern Spot-billed Duck16. Bar-tailed Godwit30. Rock Dove
03. Little Grebe17. Eurasian Curlew31. Oriental Turtle Dove
04. Great Crested Grebe18. Common Greenshank32. Azure-winged Magpie
05. Grey Heron19. Grey-tailed Tattler33. Carrion Crow
06. Great Egret20. Terek Sandpiper34. Large-billed Crow
07. Intermediate Egret21. Common Sandpiper35. Japanese Tit
08. Little Egret22. Ruddy Turnstone36. Brown-eared Bulbul
09. Great Cormorant23. SURFKNOT37. Barn Swallow
10. Black-eared Kite24. Red Knot juv138. Japanese White-eye
11. Black-winged Stilt25. Red-necked Stint39. White-cheeked Starling
12. Grey Plover26. Little Stint40. Eurasian Tree Sparrow
13. Little Ringed Plover27. Dunlin41. Black-backed Wagtail
14. Kentish Plover28. Black-tailed Gull
254 -
夏羽が残る綺麗なカラシラサギが近くで見れるかもしれないということで、暑い中葛西へ出向く。東なぎさの開門を待って中に入るが干潟にカラシラの姿はない。午前中いっぱい待ってみたが、残念ながら現れることはなかった。どこか別の場所へ移動してしまったのだろうか。っ午後は数日前からコオバシギが観察されているという谷津干潟へ移動する。干潟を探すと、SURFKNOTとコオバが一緒に行動しているのを見つけた。前回来た時に見たヨーロッパトウネンもまだいる。伸びをした時に内側初列を落としているのを確認できた。列潮が満ちてくると、高校側に集まるだろうと待機していると、狙い通り、SURFKNOTとコオバが近づいてきた。羽づくろいをしたり、羽ばたいたりしたので、換羽状況がしっかりと確認できた。ヨロネン同様内側初列がなく、換羽中のようだ。ということは2種ともしばらくここに留まるつもりなのだろう。著名な方が指摘されていた尾羽のT5、T6基部の白色部も確認することができた。満潮になりシギチが抜けていったので帰宅した。
43 Aug 11
三番瀬
CHIBA Pref.
6:00~17:00
01. Eastern Spot-billed Duck14. Bar-tailed Godwit27. Little Tern
02. Grey Heron15. Common Greenshank28. Rock Dove
03. Great Egret16. Grey-tailed Tattler29. Oriental Turtle Dove
04. Intermediate Egret17. Terek Sandpiper30. Azure-winged Magpie
05. Little Egret18. Common Sandpiper31. Carrion Crow
06. Great Cormorant19. Ruddy Turnstone32. Large-billed Crow
07. Eurasian Oystercatcher20. SURFKNOT33. Brown-eared Bulbul
08. Black-winged Stilt21. Sanderling34. Barn Swallow
09. Grey Plover22. Red-necked Stint35. White-cheeked Starling
10. Little Ringed Plover23. Little Stint36. Eurasian Tree Sparrow
11. Kentish Plover24. Dunlin37. Black-backed Wagtail
12. Lesser Sand Plover25. Black-tailed Gull
13. Greater Sand Plover 126. Slaty-backed Gull
253 -
春の時点では、誰が予想できただろうか。あのSURFKNOTが三番瀬に帰ってきたという。これは見に行くしかない。早朝から三番瀬へ。徐々に出てくる干潟を探すと無事に発見。夏羽がだいぶ磨耗して黒ずんできているが、あの独特なJizzは変わらない。干潟が広がるとともに奥へ移動し、波打ち際で採餌する。アライソシギの血のせいか、杭に付着したフジツボを食べる様子も観察できた。座って観察している分にはあまり警戒させずに、近くで見ることができる。こちらが座っているのに後から無神経に立ったまま近づいてくる状況判断能力に欠如したカメラマンが大勢いるが、カラシラサギの目付きとカラフトムジセッカの地鳴きを真似しながら振り向くと、それ以上近づいてこないので不思議である。別に舌打ちしながら睨みつけているわけではないのだが。今度はモウコムジセッカでやってみようと思う。オオメダイチドリも見ることができた。その後は谷津干潟へ移動する。ここではヨーロッパトウネンを近くで観察することができた。この個体は数日前から確認されているようであるが、昨シーズン越冬していた個体と同一である可能性が極めて高く、したがって第一回夏羽となる。ヨロネンの第一回夏羽を観察できる機会は滅多にないと思われるため、貴重な経験となった。結局谷津へはSURFKNOTが現れることはなかったものの、4ヶ月ぶりの再会を果たすことができた。いったいどこまで渡ったのかは誰にもわからないが、無事戻ってきてくれたことに感動。今シーズンも越冬することになるのか、とりあえずいる間は定期的に経過観察に来ようと思う。
42 Aug 8
田園
KANAGAWA Pref.
6:00~14:00
01. Grey Heron06. Little Ringed Plover11. Barn Swallow
02. Great Egret07. Pectoral Sandpiper 112. Zitting Cisticola
03. Intermediate Egret08. Rock Dove13. White-cheeked Starling
04. Little Egret09. Oriental Turtle Dove14. Eurasian Tree Sparrow
05. Black-eared Kite10. Carrion Crow15. Black-backed Wagtail
252 -
そろそろジシギを探しに行かないと、と思いながら、暑さに負けて行かないでいたら、シギチの少ない神奈川に珍しくアメリカウズラシギが入っているという。この時期のアメウズは初なので、早速見に行った。タマシギのポイントからすぐの休耕田にいて、だから見つかったのかと納得。カメラマンはタマシギと2分する形で集まっていたが、ややタマシギのほうが多めか。アメウズは朝は田んぼの奥で採餌していたが、だんだんと人数が減り、午後になるとかなり近くまでやって来た。だいぶ羽が摩耗しているが、一応は夏羽なので、初観察である。アメウズの幼鳥が飛来するのはだいたい9月に入ってから。いつか春先の新鮮な夏羽を見たい。タマシギは出が悪いようで、カメラマンも多いのでパス。暑いし、北海道でオオジシギを見たばかりということもあり、ジシギ探しも今日はパス。チュウジシギは下旬にハリオと一緒に狙いに来ることにした。
41
~
37
Jul 28
~
Jul 24
道東~道央
HOKKAIDO pref.
01. Mallard27. South Polar Skua 353. Middendorff's Grasshopper Warbler
02. Eastern Spot-billed Duck28. Pomarine Skua54. Gray's Grasshopper Warbler V
03. Black Scoter29. Pigeon Guillemot55. Zitting Cisticola
04. Black-footed Albatross 2+30. Spectacled Guillemot +56. Japanese White-eye
05. Northern Fulmar +31. Ancient Murrelet57. Eurasian Wren
06. Streaked Shearwater +32. Rhinoceros Auklet58. Eurasian Nuthatch
07. Sooty Shearwater +33. Tufted Puffin 459. White-cheeked Starling
08. Short-tailed Shearwater34. Common Cuckoo60. Brown-headed Thrush
09. Flesh-footed Shearwater 2+35. Pacific Swift61. Siberian Rubythroat
10. Little Grebe36. Japanese Pygmy Woodpecker62. Red-flanked Bluetail
11. Grey Heron37. Grey-headed Woodpecker 163. Daurian Redstart
12. Great Egret38. Spotted Nutcracker 164. Stejneger's Stonechat
13. Little Egret39. Carrion Crow65. Brown Dipper
14. Pelagic Cormorant40. Large-billed Crow66. Eurasian Tree Sparrow
15. Japanese Cormorant41. Varied Tit67. Grey Wagtail
16. Northern Goshawk42. Marsh Tit68. Black-backed Wagtail
17. Black-eared Kite43. Japanese Tit69. Olive-backed Pipit
18. White-tailed Eagle44. Eurasian Skylark70. Pine Grosbeak 2
19. Latham's Snipe45. Brown-eared Bulbul71. Eurasian Bullfinch
20. Common Redshank46. Sand Martin72. Long-tailed Rosefinch
21. Red-necked Phalarope47. Barn Swallow73. Grey-capped Greenfinch
22. Red Phalarope48. Japanese Bush Warbler74. Meadow Bunting
23. Black-tailed Gull49. Long-tailed Tit75. Black-faced Bunting
24. Slaty-backed Gull50. Eastern Crowned Warbler76. Common Reed Bunting
25. Little Tern51. Oriental Reed Warbler
26. Common Tern52. Black-browed Reed Warbler
251 -
[24日]小学生の時、霧達布から遥か彼方に浮かぶ姿を見て以来、その美しい嘴を拝むことができていないエトピリカ。今年こそはと夏の道東へ。さらにツノメドリも出現しているとのことで、期待が高まる。前回は空路で北海道入りしたが、今回は海路。しかし大洗-苫小牧航路ではない。八戸-苫小牧航路だ。なぜこの航路を選んだか説明するとながくなるので省くが、新宿から八戸行きの夜行バスに乗り、八戸駅からフェリーターミナルへ。約7時間の航路だ。出発と同時にアカエリヒレアシシギの群れ。その後ハシボソミズナギドリ、ハイイロミズナギドリがぱらぱらと飛ぶ。その中にはアカアシミズナギドリの姿もある。クロアシアホウドリ、トウゾクカモメも順調に出現。コシジロウミツバメにも期待しながら、目的のナンキョクオオトウゾクカモメが飛ぶのを待つ。しばらくして前方に大きな白っぽい鳥が浮かんでいるのが見えた。船が進むにつれて近づいてきた姿を見ると、待望のナンキョクオオトウゾク。まさか浮かんでいるのに遭遇するとは思わなかった。真横に来てもかなり遠いが、とりあえず目的は達成された。2007年ヘラシギが抜けないかひやひやしながら回った北海道遠征の帰りの航路で見て以来。その後、観察場所を移動してまもなく、船を追い越すように2羽目が登場。しかし後ろ姿のみ。3回目は昼頃、遠くからだんだんと近づいてきて、ぐるっと旋回してまた戻っていった。翼の白斑が目立ち、どっしりとした胴体は他のトウゾクカモメ類とは一線を画す。もうだいぶ前になるが、かつての"オオトウゾクカモメ"は、Chilean Skua(チリオオトウゾクカモメ)、South Polar Skua(ナンキョク-)、Brown Skua(ミナミ-)、Great Skua(キタ-)の4種に種分化された。日本で観察されるのはナンキョクオオトウゾクカモメとなる。それにしても、Wikipediaに『South Polar Skuaに対して「ナンキョクオオトウゾクカモメ」という和名が用いられることがあるが、和名は分類の変遷にかかわらず「オオトウゾクカモメ」を用いるべきで、「ナンキョクオオトウゾクカモメ」を用いるのは妥当ではない。』という謎の文章を書き残したのはいったい誰なのだろう。言うまでもないが、South Polar Skua はナンキョクオオトウゾクカモメである。このような文章をWikipediaに書くのは妥当ではない。その後は特にこれといったものが出ない時間が続く。しかし、苫小牧港が見えてきて、そろそろ終わりかと思った頃、サプライズが待っていた。船の真下にウミスズメ系の鳥が急浮上。割と大きめだったのでウトウかと思って確認すると、なんとエトピリカの若い個体であった。苫小牧沖まで来ているとは思わなかった。明日成鳥も見ることになるだろうが、10年ぶりの再会は不意に訪れた。苫小牧に到着し、レンタカーを借りて根室へ突っ走る。昨年の反省を生かし帯広までは高速を使ったのでかなり楽だった。
[25日]今日は落石クルーズの日である。エトピリカももちろんだが、ツノメドリの出現に期待。出港まで根室半島を周る。原生花園では、ノビタキ、オオジュリンなどが見られたが、期待していたセンニュウ系はおらず。場所を変え、公園でエゾセンニュウを狙うがいたのはシマセンニュウ。コヨシキリが餌を運んでいたので営巣中だろう。乗船時間が近づき、落石港へ行くと、一面濃い霧に包まれていた。霧のほうが鳥の出は良いとはいえ、これでは何も見えない。落胆しながら出港を待っていると、霧の層がだんだん上に上がってきて、海面はクリアな視界が確保された。これは期待できる。出航するとウトウやフルマカモメが登場する。今日は人が多かったので二隻でのクルーズとなり、無線で連絡を取りながら、エトピリカやツノメドリを探す。ユルリ島とモユルリ島の間あたりで2羽のエトピリカが現れた。遠かったが、しばらく待てば近づいてくるだろうとのガイドの方の予言通り、急に飛び立ったかと思うと、船の回りを旋回し始めた。船に興味を持っているみたいだ。鳥を追いかけることなく、鳥の方から近づいてくるという完璧な見せ方である。観光産業としての収益も上げつつ、見せることが保護につながるエコツーリズムの好例だ。潜って見失ったが、しばらくして進行方向にまた発見する。同一個体だろうか。かなり近く5mほどの距離で観察することができた。ケイマフリも近い。ツノメドリは残念ながら出なかったが、ようやくエトピリカを鮮明に見ることができて良かった。その後は霧達布で居残っているというユキホオジロの夏羽を探すが見つからず。車中泊なのでこの後の予定は未定。エゾライチョウ、シマフクロウは昨年見ているのでパスし、相性が悪いギンザンマシコを狙うことにした。知床峠と旭岳で迷ったが、知床峠は最近出が悪いとらしいので旭岳へ。ロープウェイの駐車場で車中泊。
[26日]始発のロープウェイで旭岳に登る。第三展望台に着くも、周囲は濃い霧がかかっていた。だんだんと霧が晴れてきたと思ったら、ハイマツの上に雌が登場。さらに目の前までやってきて採餌を始めた。赤い実を食べているようだ。全く警戒していない。ギンザンはもともとこういう鳥だが、改めてびっくり。しばらくすると少し遠目だが雄も現れる。雌みたいに目の前に来てきてくれれば、と期待したのだが、そう上手くはいかなかった。飛び去った後ももう一度出たが、落ち着かないようでそれ以降は気配なし。それでも8年ぶりにじっくり見ることができて嬉しい。待っている間はホシガラスやビンズイなどが観察できた。歩きで下山しながらクマゲラとの遭遇に期待したが、鳴き声も聞こえない。結構ハードな道だった。最終日に向けて帯広方面へ移動。
[27日]北海道のキツツキ運がかなり悪くいまだにクマゲラとコアカゲラを見ていないので、最終日はこの2種を狙う。まず帯広の緑地を周りコアカゲラを探すが、見つからない。湖へ移動し今度はクマゲラを探すが、ヤマゲラが出てきたくらい。他にも、ハシブトガラやシロハラゴジュウカラといった北海道ならではの鳥は一通り見ることができた。いったいいつになったらクマゲラを見ることができるのだろうか。レンタカーの返却時間を考えて撤退。返却後フェリーターミナルへ。
[28日]帰りも苫小牧-八戸航路に乗船。行きで見られなかったコシジロウミツバメなどに期待する。海は非常に穏やかで、フルマカモメが多く飛ぶ。淡色型も確認できた。しばらくすると天候が悪化し、霧が出てきたと思ったら雨も降り始めた。これではまともに観察できないので、一旦船内に退避する。天候が回復してから再び甲板に出たがこれといった鳥は出ず。八戸に到着し、夜行バスで新宿へ。ライファーゼロの遠征だったが、長年の課題であったエトピリカをクリアすることができて良かった。来年ツノメドリがまた出るようなら行きたいと思う。
36
35
34
Jul 11
Jul 10
Jul 09
八頭町 他
TOTTOI & SHIGA pref.
01. Eastern Spot-billed Duck11. Grey Nightjar21. Long-tailed Tit
02. Grey Heron12. Ruddy Kingfisher22. Eastern Crowned Warbler
03. Great Egret13. Japanese Pygmy Woodpecker23. Japanese White-eye
04. Intermediate Egret14. Great Spotted Woodpecker24. Eurasian Treecreeper
05. Little Egret15. Carrion Crow25. White-cheeked Starling
06. Great Cormorant16. Large-billed Crow26. Blue-and-white Flycatcher
07. Black-eared Kite17. Japanese Tit27. Narcissus Flycatcher
08. Demoiselle Crane 118. Brown-eared Bulbul28. Eurasian Tree Sparrow
09. Rock Dove19. Barn Swallow29. Grey Wagtail
10. Oriental Turtle Dove20. Japanese Bush Warbler30. Black-backed Wagtail
238 512
[10日]台風の影響で予定していた硫黄島クルーズが中止となった。まあ硫黄島クルーズは国内縛りしている人たちにとっては重要だろうが、世界を飛び回るならば、そこまで乗る必要のない航路だ。とりあえずオガサワラヒメミズナギドリとオガサワラミズナギドリが抑えられれば問題ないので、父島航路で十分である。ただ硫黄島自体を一度くらいこの目で見ておきたい気はするが、またの機会だ。中止になって空いた日程で、ちょうど鳥取に飛来していたアネハヅルを見に行くことにした。アネハは何年か前に河北潟で出たのを見逃して以来見たかった鳥である。十年以上前は出水に定期的に飛来していたが、ここ最近は全く話を聞かない。繁殖地で見るとなるとモンゴルまで行かなければならず、決して行きやすいとは言えない場所であるため、是非とも見ておきたい。ちょうど家の近くから鳥取行きの夜行バスが出ていたので、それを利用する。鳥取駅に到着したのは午前9時頃。そこから電車でポイントへ向かう。最寄駅から少し歩いたが、大勢のカメラマンを気にする様子もなく、優雅に採餌に没頭するアネハヅルの姿を無事確認することができた。小さいツルなので、畔に上がってくれれば全身が見えるが、田んぼに入ると上半身だけしか見えない。2年目の個体と思われ、警戒心がないのかどんどん近づいてきた。時々飛んで田んぼを数枚移動するが、見失うほどの大きな移動はなく、田んぼの水で水浴びしたりと寛いでいた。夕方になるとかなり近くまできて、カメラに入りきらないほどだ。アネハヅルはヒマラヤ山脈を越える鳥として、一般の人にも比較的有名な鳥であるが、どのような経緯でここまで飛んできたのだろうか。まあヒマラヤを超えるくらいだからここから本来の分布域を戻るのも難しくはないだろう。十分満足したので移動する。近くのコノハズクポイントは昨年行ったのでスルーして、ちょっと前まで賑わっていた滋賀のヤイロチョウのポイントの様子でもへ行こうと考えていたところ、ちょうどその方面へ帰る方がいらしたので、同乗させていただき大阪へ。そのまま電車と歩きでポイントへ向かった。
[11日]見つかった当初は大騒ぎで来る気がしなかったが、せっかく西に遠征しているし、人も少なくなっているだろうと踏んでの選択で、ヤイロチョウのフィールドへ来てみたはいいものの、予想に反して人が大勢いた。夜明けとともにヨタカが飛ぶ。ヤイロチョウは数日前まで出ているようなので期待する。しかし、人が増えるばかりでヤイロチョウの気配はない。しばらくして遠くからホヘーホヘーというヤイロチョウの特徴的な鳴き声が聞こえてきたが、姿は見ることができない。その後は声もすることなく、時間だけが過ぎていく。待っている間は、キバシリが時々現れた。その他キビタキ、オオルリなど。アカショウビンの鳴き声も聞こえた。明日に期待する。
[12日]ひきつづきヤイロチョウ狙いで待つものの、昨日と状況は変わらない。時々遠くの鳴き声を確認することができたが、こちらに移動してくる気配はない。そのかわりアカショウビンが枝にとまって綺麗な赤色を見せてくれた。今日は昨日より人は減ったが、有名なうるさい親爺が終始しゃべっていて鳥見に集中できない。まあこの状況判断能力に乏しい者の存在がヤイロチョウの出現に影響しないほどにかすかな声と頻度であったことがまた残念である。このフィールドには、今回の一件により、多くの悪質なカメラマンが押し寄せたようである。ヤイロチョウ類はアジアを中心に分布しているが、それらの基本的な観察・撮影スタイルはブラインドの中に入って出現を待つというものである。今回のように大勢で押しかけていったところで、満足のいく観察・撮影はできないだろうし、ヤイロチョウにも繁殖に対する負荷がかかる。両者にとって悪い結果だけが残るシステムは排除すべきだ。ただ、日本でブラインドを設置してヤイロチョウを観察する場所ができたと仮定して、果たしてそこに秩序が保たれるだろうか。今の日本の現状を考える限り無理であろう。つまり、ブラインドどうこう以前の問題として、まず悪質なカメラマンを撲滅しなければいけないのである。午後になり、山を降りて京都駅まで移動し、夜行バスで帰宅。いつ来ても京都の町は良い趣だ。
33 Jun 28
田園
KANAGAWA Pref.
7:30~13:00
01. Eastern Spot-billed Duck11. Western Osprey21. Azure-winged Magpie
02. Little Grebe12. Black-eared Kite22. Carrion Crow
03. Black-crowned Night Heron13. Grey-headed Lapwing23. Large-billed Crow
04. Striated Heron 214. Little Ringed Plover24. Eurasian Skylark
05. Eastern Cattle Egret15. Black-tailed Gull25. Brown-eared Bulbul
06. Grey Heron16. Rock Dove26. Barn Swallow
07. Great Egret17. Oriental Turtle Dove27. Asian House Martin
08. Intermediate Egret18. House Swift +28. White-cheeked Starling
09. Little Egret19. Common Kingfisher29. Eurasian Tree Sparrow
10. Great Cormorant20. Bull-headed Shrike30. Black-backed Wagtail
238 -
とある鳥を探して田園を歩く。通過なのでかなり運が良くないと見ることはできないだろう。まあ当然ながら見つからず、そのままササゴイ狙いで川の河口へ。途中で河口方向に飛んでいくササゴイを見かけたので期待しながら探していくと、橋のふもとで餌を捕る姿を発見した。浜に降りて橋の下から見るとかなり近くで見ることができる。橋げたと同化して警戒されなかったのかもしれない、じっと構えて首を伸ばして一気に仕留めていくハンティングを何度も見ることができた。橋の裏はヒメアマツバメの集団営巣場所のようで、周囲を飛び交っている。それにしても、いつも婚姻色のササゴイを見たいと思っているのだが、なかなか綺麗な個体に会うことができない。いつになったら見れるのだろうか。
32 Jun 7

NIIGATA Pref.
7:30~13:00
01. Black-eared Kite11. Carrion Crow21. Japanese White-eye
02. Grey-faced Buzzard12. Large-billed Crow22. Brown-headed Thrush V
03. Oriental Turtle Dove13. Varied Tit23. Blue-and-white Flycatcher
04. White-bellied Green Pigeon V14. Japanese Tit24. Narcissus Flycatcher
05. Lesser Cuckoo V15. Brown-eared Bulbul25. Eurasian Tree Sparrow
06. Oriental Cuckoo V16. Barn Swallow26. Grey Wagtail
07. Ural Owl V17. Japanese Bush Warbler27. Grey-capped Greenfinch
08. Ruddy Kingfisher V18. Asian Stubtail V28. Meadow Bunting
09. Japanese Pygmy Woodpecker19. Sakhalin Leaf Warbler V29.
10. Tiger Shrike 3+20. Eastern Crowned Warbler V30.
236 -
まだ中学生の頃は、神奈川でも繁殖していたチゴモズ、今は日本全国的に見てもかなりの希少種になっている。日本海側の離島でも狙うことができるが、なかなかチャンスがない。久しぶりに見たいと思い、まだ繁殖が確認されているフィールドへと向かった。到着すると、夜明け前から鳴き声を確認することができた。だんだんと明るくなるとシルエットで姿を見ることができた。木の天辺にとまって鳴いている。しばらくすると飛び去ったので、その後は先週かなり近くで見られたというポイントに移動する。しかし、しばらく待つが現れる気配はない。アカショウビンの声は遠くから聞こえる。何度聞いても良い声だ。朝のポイントへ戻って待っていると、しばらくしてやってきた。だんだんと行動パターンが分かってきて、何ヶ所かお気に入りのとまり場があるようだった。ただ高い木の上だったり、電線だったりと、なかなか見やすい場所に出てこない。昼近くになり、ようやく一度低い木にとまってくれた。8年ぶりのチゴモズをとりあえず観察することができて良かった。また来たいと思う。
31
30
May 24
May 23
三宅島
TOKYO pref.
01. Chinese Bamboo Partridge V13. Black-tailed Gull25. Japanese Bush Warbler
02. Streaked Shearwater +14. Japanese Wood Pigeon +26. Ijima's Leaf Warbler +
03. Sooty Shearwater 2+15. Oriental Turtle Dove27. Styan's Grasshopper Warbler +
04. Short-tailed Shearwater +16. Lesser Cuckoo28. Japanese White-eye
05. Tristram's Storm Petrel 117. Pacific Swift29. Eurasian Wren
06. Black-crowned Night Heron18. Japanese Pygmy Woodpecker30. White-cheeked Starling
07. Eastern Cattle Egret19. Bull-headed Shrike31. Izu Thrush +
08. Great Egret20. Large-billed Crow32. Eurasian Tree Sparrow
09. Brown Booby 3+21. Owston's Tit 3+33. Black-backed Wagtail
10. Black-eared Kite22. Japanese Tit34. Grey-capped Greenfinch
11. Grey-tailed Tattler23. Brown-eared Bulbul35. Meadow Bunting
12. Common Sandpiper24. Barn Swallow
233 -
[23日]この前長野に行ったメンバーで三宅島へ。2007年以来8年ぶり。前回で一通り(準)固有種・亜種は抑えているものの、まだ中学生の頃なので遠い記憶の彼方。さらに今回はカンムリウミスズメを狙う漁船チャーターもある。さらにさらに昨年のこの時期に三宅島ではヤイロチョウが出ている。これだけ揃えば行かないという選択肢はない。金曜夜に竹芝フェリーターミナルに集合。乗船し、デッキで軽く飲んでから寝る。翌日三宅島に着くまで海鳥を見るが、5時前なので暗いし、ハシボソミズナギドリくらいしか飛んでくれない。島に到着し、レンタカーを借りると早速伊東岬でウチヤマセンニュウを狙う。囀りはあちこちから聞こえてくる。草むらをよく見るとちょろちょろ動き回りながら囀っている姿が見えるが、さすがはセンニュウ、あまり見易い所に出てこない。待っていると何回か上方に出てきたところを見られた。越冬地の中国南部などで見るのはかなり難しいだろう。同じ場所にはなぜかアカコッコがいた。綺麗な雄。その後、イイジマムシクイなどを狙ってアカコッコ館へ。記憶では上から大量のシャクトリムシみたいなのがぶら下がっていて避けながら歩いた気がするが、普通に歩けた。イイジマはすぐに声を確認、姿も何度か見ることができたが、落ち着きがない。フィリピンのルソン島などで越冬するとされるが、まだ不明な点が多い。モスケミソサザイは営巣中の個体を見つけることができた。タネコマドリはアカコッコ館の周りを歩いている。水場で待機するとシチトウメジロやミヤケコゲラもやってくる。大路池まで歩くとカラスバトの飛翔も見られた。前回は夏羽のアカガシラサギがいたので、今回はきっとタカサゴクロサギがいるだろうなと思っていたが、なぜかいなかった。オーストンヤマガラは道路沿いで確認。おめでたいことに、IOC bird list v5.1より、Varied Tit(ヤマガラ)から、Owston's Tit(オーストンヤマガラ)、Iriomote Tit(仮称オリイヤマガラ)、Chestnut-bellied Tit(仮称タイワンヤマガラ)の3種がそれぞれ独立した。恥ずかしながらこのスプリットにBirdingASIAの24号が送られてくるまで気づかなかった。これで制覇したはずの日本固有種が一種増えたので、石垣か西表に行かないと行けない。その後は漁船に乗り海へ。カンムリウミスズメは絶対見られると思っていたが、よくいる岩場付近でも見つからず、まさかの空振り。カツオドリが近くを飛んだが与那国航路の比ではない。その後は再び森へ。カラスバトが火山ガスで枯れた木にとまるので非常に見やすい。こんなにじっくり亜種カラスバトを見るなんて初めてだ。亜種アカガシラカラスバトのように足元まで来てくれれば最高なのだが。夕方まで見て宿へ。飲んでから寝た。
[24日]二日目は生憎の雨模様なのでゆっくり寝ていたが、止んだので森へ。アカコッコとイイジマムシクイを中心に狙う。アカコッコは個体数はいるものの、警戒心が強いのかすぐ逃げるのでろくに見れない。ヤイロチョウももちろんいない。イイジマは囀りまくっている。昨日よりもじっくり見ることができた。その後はツバメチドリがいたらしい場所をまわったりするが特に成果はなく、伊東岬へ。昨日よりも近くでウチヤマセンニュウを見ることができた。帰りの船の時間になり、レンタカーを返して乗船。コシジロアジサシに期待するがアジサシすら飛ばず。クロアシアホウドリも姿なし。オーストンウミツバメが1羽飛んだ他はハイイロミズナギドリが数回、ハシボソミズナギドリがその倍くらい。夜に東京に到着。特にライファーは増えなかったが、オーストンヤマガラ独立記念遠征といったところか。スプリットされた分類を積極的に採用していくと、時々、ライフリストを増やしたいだけだろうという批判を受けることがあるが、そもそもライフリストは当然ながら亜種も含まれるものであるため、この批判は的外れである。便宜上その基本単位として種が使用されているというだけで、より詳細に見て行けば〇目〇科〇種〇亜種というような体系的なリストになるだろう。ライフリストに亜種を入れるとか入れないとか迷っている人たちもたまにいるが、迷うような問題ではない。亜種としてカウントすればいいだけの話である。種だろうが亜種だろうが見たという事実に変わりはないのだから。
29
28
27
May 11
May 10
May 09
舳倉島他
ISHIKAWA pref.
01. Pacific Loon22. Ashy Minivet43. Siberian Blue Robin
02. Streaked Shearwater23. Large-billed Crow44. Rufous-tailed Robin
03. Crested Ibis ad♀124. Varied Tit45. Siberian Rubythroat
04. Grey Heron25. Japanese Tit46. Narcissus Flycatcher
05. Great Egret26. Brown-eared Bulbul47. Mugimaki Flycatcher 3+
06. Japanese Sparrowhawk27. Barn Swallow48. Blue Rock Thrush
07. Grey-faced Buzzard28. Asian House Martin49. Stejneger's Stonechat
08. Grey Plover29. Japanese Bush Warbler50. Eurasian Tree Sparrow
09. Lesser Sand Plover30. Yellow-browed Warbler51. Grey Wagtail
10. Grey-tailed Tattler31. Sakhalin Leaf Warbler52. Black-backed Wagtail
11. Red-necked Phalarope +32. Eastern Crowned Warbler53. Brambling
12. Red Phalarope +33. Chestnut-flanked White-eye 2+54. Hawfinch
13. Black-tailed Gull34. Japanese White-eye 3+55. Japanese Grosbeak
14. Rock Dove35. White-cheeked Starling56. Grey-capped Greenfinch
15. Japanese Wood Pigeon 136. Chestnut-cheeked Starling57. Eurasian Siskin
16. Indian Cuckoo 137. Grey-backed Thrush 158. Meadow Bunting
17. Oriental Cuckoo38. Eyebrowed Thrush +59. Tristram's Bunting ♀1
18. Common Cuckoo39. Pale Thrush60. Yellow Bunting
19. Oriental Scops Owl V40. Dusky Thrush61. Black-faced Bunting
20. Brown Shrike 141. Asian Brown Flycatcher62. Grey Bunting
21. Oriental Dollarbird 142. Blue-and-white Flycatcher
224 511
[9日]毎年恒例の春の舳倉島。事前情報ではセグロカッコウが見られているということで期待。後はいい加減シマノジコを見たい。船からはヒレアシシギ類が見られた程度で、島に上陸。とりあえずセグロカッコウが見られているポイントへ。人が並んでいたが出てはいないようで、待つことにした。反対側にはブッポウソウがとまっていた。しばらくして、近くの茂みからカカカコという特徴的な鳴き声を聞くことができた。たまにカッコウもカッカッカッコーと鳴くので、セグロカッコウとの誤認があるが、テンポが全く違う。字面だけ覚えていると間違える原因になる。何年か前に富士山で出たという誤報があったが、これも最初の「カ」を繰り返すという認識しか持っていない者による誤認だろう。それにしてもあの時はほぼ同時に葛西でのオオホシハジロの誤認もあり、失笑が重なる期間であった。鳴き声を頼りに探すが、姿は全く見えず、しばらくして奥に飛ぶ姿を一瞬見ることができた。その後は出ない時間が続く。一度反対側にトケン類が出て、逆光で識別できないまま飛ばれて上空を通過した。辛うじて撮れた何枚かの写真を補正して確認する限り、尾の先端付近の黒く太いサブターミナルバンドが出ていないので、セグロカッコウではなさそうだった。夕方まで粘って、最後にツツドリに追われるように左に飛ぶのをこれまた一瞬見て終了。もっとちゃんと見たかったが、明日に期待。それにしても今年の舳倉はヌカカとチャドクガのダブル大量発生できつい。あと二日間頑張って乗り切りたい。
[10日]早朝からセグロカッコウを期待してポイントで待機するが、鳴き声も聞こえない。抜けたと判断して島を歩くことにした。水場ではノゴマ。奥の木にカラスバト。木が被っていたが、舳倉島でカラスバトをゆっくり見たのは初めて。セグロカッコウが気になるので様子を見に来るが出ている気配なし。竜神池方面も歩くも特に珍鳥はおらず。再び水場に戻るとムギマキの若い雄。昨年シマゴマが出ていたポイントにはノゴマ。マミチャジナイはよく見かける。昨日見たブッポウソウは灯台に移動したようで、天辺近くにとまっていた。また水場に行くとシロハラホオジロの雌。雄は昨年見ているが雌は初めて。カラスバトも朝と同じ木にとまっている。セグロが出ていたポイント周辺で今度はアカモズが出ているとのことで、行ってみる。割と近くで見ることができた。灯台に戻るとまだブッポウソウがいて、今度は下の電線にとまっているので割と近い。しかもそこから飛んで餌をとりまた同じところに戻るという動作を繰り返していたので、じっくり見ることができた。満足して水場に戻り、夕方に出るというチョウセンメジロを待つ。コサメビタキ、キビタキ、コルリなどが現れるが、チョウセンは来ない。諦めかけた4時半過ぎ、ようやく群れでやってきた。群れといっても2~3羽だが、とりあえず特徴を写真に捉えようと頑張る。暗いし早いしでかなり難しかったが、脇の茶色い斑やピンク色味を帯びた嘴をしっかり確認することができた。アイリングもやや太い。実際見てみればメジロとの識別はそう難しくない。チョウセンと名に付く通り、朝鮮半島北部から中国北東部で繁殖し、冬はタイあたりに渡る。日本海側の離島では割と記録される種類ではあるが、今まで縁の無かった鳥だったので嬉しい。チョウセンがいなくなった後の水場はさっぱりだったので撤収。宿に戻る途中でムギマキの雄若を見かけた。
[11日]舳倉島最終日。早朝にもチョウセンメジロがやって来ないかと期待して水場で待つがダメ。コルリがすぐ近くで囀っている。昨日一日出ていないので抜けたはずだが、一応セグロカッコウのポイントへ。セグロはもちろんいないが、道の先にカラアカハラ。一旦水場に戻るとキマユムシクイ。海岸へ出る途中でエゾムシクイが足元に寄ってくる。その他コムクドリなど。シマゴマが出たということで移動。待つとすぐに現れた。昨年に引き続き2回目。声は聞くことができなかった。舳倉らしい鳥は出るには出ているが、全くライファーが増えない。船の出航まで最後に何か珍鳥を出そうと島中を歩き周るが、ノゴマやノジコだけ。船の時間になり、乗船。復路も海鳥はパッとしない。輪島に着くと最近見られているトキを見に行く。だいたいの場所はわかっていたが、果たして日没までの短時間に見つかるのかと若干心配。偶然通った道からカメラマンを発見、無事見ることができた。放鳥個体なので人間への警戒心はあまりない。10歳の雌で、背中には発信器が付いているが、どうやら機能していないらしい。夏羽なので頭部から首、胸のあたりまで黒ずんでいる。これは換羽ではなく、頸側部から出る黒い粉末状の分泌物を羽に塗りつけることによる変化だ。塗り続けないと脱色していく。日本では野生絶滅し、現在では中国に少数が生息するのみとなったトキ。放鳥による野生復帰の試みが進められているのは喜ばしいことだが、定着はそう簡単なことではない。以前のように、日本の田園に普通にトキが舞う日はいつになるのだろうか。
26
25
24
May 4
May 3
May 2

NAGANO pref.
01. Mallard22. Coal Tit43. Asian Brown Flycatcher
02. Eastern Spot-billed Duck23. Varied Tit44. Blue-and-white Flycatcher
03. Copper Pheasant ad♂124. Willow Tit45. Siberian Blue Robin 2+
04. Green Pheasant25. Japanese Tit46. Japanese Robin 3+
05. Little Grebe26. Eurasian Skylark47. Red-flanked Bluetail
06. Grey Heron27. Brown-eared Bulbul48. Narcissus Flycatcher
07. Great Cormorant28. Barn Swallow49. Daurian Redstart ♂1♀1
08. Black-eared Kite29. Japanese Bush Warbler50. Stejneger's Stonechat
09. Eastern Buzzard30. Asian Stubtail51. Brown Dipper
10. Rock Dove31. Long-tailed Tit52. Eurasian Tree Sparrow
11. Oriental Turtle Dove32. Sakhalin Leaf Warbler53. Grey Wagtail
12. White-bellied Green Pigeon 133. Eastern Crowned Warbler54. Black-backed Wagtail
13. Oriental Cuckoo V34. Japanese White-eye54. Japanese Wagtail
14. Japanese Pygmy Woodpecker35. Eurasian Wren56. Hawfinch
15. Great Spotted Woodpecker36. Eurasian Nuthatch57. Japanese Grosbeak
16. Japanese Green Woodpecker37. Eurasian Treecreeper 4+58. Eurasian Bullfinch
17. Ashy Minivet +38. White-cheeked Starling59. Grey-capped Greenfinch
18. Bull-headed Shrike39. Chestnut-cheeked Starling +60. Meadow Bunting
19. Eurasian Jay40. Siberian Thrush V61. Yellow Bunting 2+
20. Carrion Crow41. Japanese Thrush 2+62. Black-faced Bunting
21. Large-billed Crow42. Brown-headed Thrush63. Grey Bunting
207 -
[2日]今年のGWは特に予定が無かったので、鳥仲間4人で長野の山へ。半分鳥見、半分遊びの遠征である。個人的にはいつも舳倉島で後回しになってしまうマミジロがしっかり見られればと期待。複数人での遠征の時には最年少であることが殆どなのだが、今回は珍しく上から2番目である。初日はまずコマドリなどを狙う。到着するとすぐに囀ずりを聞くことができた。川沿いに何羽か縄張りを持っているようだ。島に行くとちょろちょろしているが、囀らないことが多いので久しぶりに聞いた。マミジロも一声鳴いたがそれっきり。キバシリも登場。何だかんだで亜種キバシリは9年ぶりなので嬉しかった。その他にはエゾムシクイ、クロジ、カワガラス、ミソサザイなど。特にエゾは珍しく低い枝で囀ってくれたので見やすかった。個人的にはなかなか見る機会のないキセキレイの夏羽も観察。その後場所を移動する。時間帯が悪く鳥が少ないが、サンショウクイなどを観察。いつもは上空通過や高い木の上ばかりなのだが、ここでは目線のやや上くらいの高さで見ることができる。池の周りにはコムクドリの巣。キツツキの古巣を利用している。さらにアオバトもどこから飛んできて、高い木の枝にとまった。大磯にいけばいくらでも見られるが、いざ山で見ようと思ってもチャンスはあまりない。声はよく聞くのだが。夕方になるとクロツグミが現れる。比較的近くで見ることができた。付近ではエナガも営巣中。なかなか良いフィールドだ。
[3日]2日目は早朝から昨日の2か所目の森を歩く。すぐにノジコを発見。しかしすぐに飛び去ってしまう。クロツグミは地面に降りて採餌したり、枯れ枝の天辺にとまって囀ったりと、さまざまな行動を観察することができた。ノジコを待つとしばらくして現れた。舳倉の草地で足元まで寄ってくるノジコも良いが、新緑の中のノジコも趣があって良い。その後はサンショウクイ、コムクドリなどを観察。途中ノビタキを見ながら別の場所へ移動する。そこではまさかの展開が待っていた。休憩中に突如枝に小鳥がとまる。何かと思ってみるとジョウビタキ。しかも番でいるようだ。日本では冬鳥とされるジョウビタキ、その鳥を5月に見ることになるとは。番でいることから考えておそらく繁殖しているだろう。近年ジョウビタキの繁殖という話は聞かないわけではなかったのだが、いざ不意打ちでその現場に遭遇すると驚きは大きい。時期的に夏羽への換羽が完了しているものと思われるが、冬羽とたいして差は無い。雄は頭部の白色や上面の黒色が鮮やかになっているように見える。無事雛が巣立つことを祈る。
[4日]早朝に昨日のジョウビタキの再来を待つが、姿を見ることはできず。まだ暗いうちには囀りを聞くことができた。当然初めて。その後林道を走りながら探鳥。コルリが遠くで囀っているのを見つけた。さらにサプライズはヤマドリの雄。残念ながらその姿を写真に収めることはできなかったが、かなり尾が長い立派な雄が道路脇から森へ消えていく一瞬をしっかり目に焼き付けた。最後に初日朝のポイントで軽く鳥見。あいかわらずコマドリは見やすい。その他のメンバーも変わらず。昼過ぎに帰路についた。
23
22
Apr 26
Apr 25
葛西臨海公園
谷津干潟
TOKYO & CHIBA
7:30~13:00
01. Eastern Spot-billed Duck16. Eurasian Oystercatcher31. Little Tern
02. Northern Shoveler17. Black-winged Stilt32. Oriental Turtle Dove
03. Eurasian Teal18. Pacific Golden Plover33. Azure-winged Magpie
04. Common Pochard19. Little Ringed Plover34. Carrion Crow
05. Tufted Duck20. Kentish Plover35. Large-billed Crow
06. Greater Scaup21. Bar-tailed Godwit36. Japanese Tit
07. Little Grebe22. Little Curlew 137. Eurasian Skylark
08. Red-necked Grebe23. Whimbrel38. Brown-eared Bulbul
09. Great Crested Grebe24. Common Greenshank39. Barn Swallow
10. Grey Heron25. Sanderling40. Japanese White-eye
11. Great Egret26. Red-necked Stint41. White-cheeked Starling
12. Intermediate Egret27. Little Stint 142. Eurasian Tree Sparrow
13. Little Egret28. Dunlin43. Black-backed Wagtail
14. Great Cormorant29. Black-headed Gull44. Grey-capped Greenfinch
15. Eurasian Coot30. Vega Gull45. Black-faced Bunting
185 -
[25日]SURFKNOT狙いの三番瀬通いの予定だったが、葛西にコシャクシギが出ているとのことで、そちらを優先した。西なぎさの奥に降りているチュウシャクシギの群れの中を探すと、コシャクの姿をすぐに見つけることができた。一回り小さく、色のトーンも異なるので見つけやすい。最初はかなり遠かったが、だんだんと距離を縮めていくことができた。しかし、人がどんどん増えてくると、鳥との距離の縮め方を知らない無能が三脚を広げて立ちながら近づいていったりするので、遂に東なぎさへ飛んでいってしまった。無能なら歩き方も知らなければ良いのに、生憎それは知っているようだから困る。これで終わりかと思われたが、幸いにもしばらくして西なぎさに戻ってきた。それからはカメラマンに囲まれてもあまり警戒していない様子で、ずっと観察することができた。地面の中にいる虫を穿って、放り投げて食べる行動はヤツガシラを彷彿とさせる。コシャクは2011年以来4年ぶり3回目の観察となる。しかもかなり近い。印旛沼での自力発見の時と同じくらいの距離だ。十分満足したので、谷津干潟に移動し、SURFKNOTの飛来を待つことにする。しかし、夕方になっても現れることはなかった。明日に持ち越しとなる。
[26日]何としても今月中にSURFNKOTの夏羽を抑えないと危険なのだが、タイムリミットは今日。しかし日によって三番瀬にいたり谷津にいたりと安定しない。そこで、今日は後輩をパシッてに頼んで早朝から谷津に行ってもらい、いれば谷津へ、いなければ三番瀬へ、という画期的な計画を実行した。幸いにも後輩より谷津にいるという連絡が入った。三番瀬へ行ってしまう前に見なければと、南船橋駅を降りウサイン・ボルトを凌駕する速度で高校側の干潟へ。無事、オバシギに混じっている姿を見ることができた。冬羽はアライソシギに似ている印象を受けたが、夏羽になるとかなりオバシギ寄りの羽色に変わっていた。ただ、嘴の短さや体型のつまった感じはアライソ由来のもの。オバシギの個体異常といっている人もいるようだが、まずアライソシギ×オバシギの交雑個体で間違いないだろう。しばらくして群れが谷津から出ていったので、三番瀬へ移動する。しかし、三番瀬ではパラグライダーのせいでシギチが蹴散らされてしまったので、しょうがなく葛西に向かう。コシャクは昨日よりも近い。人も多いが気にしていないようだ。時々飛んで移動するが、東なぎさに行くことはない。夕方には波打ち際に降りてコシャクらしからぬ姿を見ることができた。日没に近くなるまで観察し、撤収した。次にコシャクに会うのはいつになるだろうか。
21 Apr 18
三番瀬~稲敷
CHIBA Pref.
7:30~13:00
01. Eastern Spot-billed Duck18. Lesser Sand Plover35. Eurasian Jay
02. Eurasian Teal19. Common Snipe36. Carrion Crow
03. Greater Scaup20. Bar-tailed Godwit37. Large-billed Crow
04. Great Crested Grebe21. Whimbrel38. Eurasian Skylark
05. Grey Heron22. Wood Sandpiper39. Brown-eared Bulbul
06. Great Egret23. Ruddy Turnstone40. Barn Swallow
07. Intermediate Egret24. Great Knot41. Japanese Bush Warbler
08. Little Egret25. Sanderling42. Zitting Cisticola
09. Great Cormorant26. Red-necked Stint43. White-cheeked Starling
10. Black-eared Kite27. Long-toed Stint44. Dusky Thrush
11. Grey-faced Buzzard28. Dunlin45. Eurasian Tree Sparrow
12. Eurasian Oystercatcher29. Black-headed Gull46. Black-backed Wagtail
13. Black-winged Stilt30. Mew Gull47. Buff-bellied Pipit
14. Pacific Golden Plover31. Vega Gull48. Grey-capped Greenfinch
15. Grey Plover32. Rock Dove49. Meadow Bunting
16. Little Ringed Plover33. Oriental Turtle Dove50. Black-faced Bunting
17. Kentish Plover34. Common Kestrel51.
181 -
今週もSURFKNOT狙いで三番瀬へ。まだ満潮の時に到着し、杭にとまるシギチたちを一羽一羽確認していくが、残念ながら姿はない。その後干潟が広がってきても現れることはなかった。夏羽の綺麗なオオソリハシシギ、まだ夏羽が出きっていないオバシギなどを観察し、谷津干潟へ移動する。こちらにもSURFKNOTの姿はなく、そのまま知り合いの方に同乗させていただき稲敷方面へ。途中サシバの繁殖地へ寄る。時期的にはこれから繁殖を開始するのか、盛んに飛び回り、求愛給餌や交尾なども見ることができた。稲敷ではムナグロなどを見ただけで期待したほどの成果は無かった。再びサシバのポイントへ戻る。飛んでいるツバメの中には腹の赤い個体を確認することができた。よく"亜種アカハラツバメ"と呼ばれるタイプだが、実際どの亜種に該当するのかは明確になっていない。一般的には亜種saturata とされるが、それ以外にも腹の赤い亜種は存在する。例えば、Birds of East Aisa にはtytleri が掲載されており、分布域からして日本に飛来する可能性は十分にある。イラストを見る限りtytleri はかなり赤く、日本で見られる"アカハラツバメ"とはやや異なるようにも見えるが、亜種gutturalis にも腹に赤味のある個体がいるように、tytleri にも濃淡の個体差があることが考えられる。亜種mandschuricaも腹が赤いようだが、現在はgutturalis のシノニムとなっているようだ。このことからもgutturalisの腹の色の多様さが伺える。ツバメの亜種の識別には慎重になるべきであろう。
20 Apr 12
新浦安・三番瀬
CHIBA Pref.
7:30~13:00
01. Gadwall14. Little Egret27. Mew Gull
02. Eurasian Wigeon15. Great Cormorant28. Vega Gull
03. Eastern Spot-billed Duck16. Western Osprey29. Rock Dove
04. Northern Pintail17. Eurasian Coot30. Oriental Turtle Dove
05. Eurasian Teal18. Eurasian Oystercatcher31. Large-billed Crow
06. Greater Scaup19. Grey Plover32. Brown-eared Bulbul
07. White-winged Scoter20. Little Ringed Plover33. Barn Swallow
08. Red-breasted Merganser21. Kentish Plover34. White-cheeked Starling
09. Little Grebe22. Lesser Sand Plover35. Dusky Thrush
10. Great Crested Grebe23. Bar-tailed Godwit36. Eurasian Tree Sparrow
11. Black-necked Grebe24. Sanderling37. Black-backed Wagtail
12. Grey Heron25. Dunlin38. Grey-capped Greenfinch
13. Great Egret26. Black-headed Gull
173 -
そろそろSURFKNOTが綺麗な夏羽になる頃なので、一ヶ月ぶりの三番瀬へ。と、その前に夏羽になったアカエリカイツブリがいるという新浦安へ寄る。堤防沿いを一通り歩くがその姿はなく、時期的に考えて抜けたと考えるのが自然だろう。早々に三番瀬へ移動する。一通り目視してSURFKNOTがいない感じだったので、先に堤防からビロードキンクロを探す。こちらはまだ滞在していた。珍しく岸に上がる姿を見ることができた。チュウダイサギは綺麗な婚姻色になっている。その後は広がった干潟を歩きSURFNOTを懸命に探すが、見つからない。潮回りが悪いのだろうか。まさか抜けたか、といろいろ考えてしまう。朝はいたというオグロシギもおらず、鮮やかな橙色の夏羽が美しいメダイチドリがせめてもの収穫だった。
19 Apr 2
葛西臨海公園
TOKYO Pref.
7:30~13:00
01. Eurasian Wigeon15. Little Egret29. Carrion Crow
02. Eastern Spot-billed Duck16. Great Cormorant30. Large-billed Crow
03. Northern Shoveler17. Western Osprey31. Japanese Tit
04. Eurasian Teal18. Eurasian Coot32. Brown-eared Bulbul
05. Common Pochard19. Eurasian Oystercatcher33. Barn Swallow
06. Tufted Duck20. Little Ringed Plover 234. Japanese Bush Warbler
07. Greater Scaup21. Dunlin35. Japanese White-eye
08. Red-breasted Merganser22. Black-headed Gull36. White-cheeked Starling
09. Little Grebe23. Vega Gull37. Dusky Thrush
10. Great Crested Grebe24. Slaty-backed Gull38. Blue Rock Thrush
11. Horned Grebe s125. Rock Dove39. Eurasian Tree Sparrow
12. Black-necked Grebe26. Oriental Turtle Dove40. Black-backed Wagtail
13. Grey Heron27. Japanese Pygmy Woodpecker
14. Great Egret28. Azure-winged Magpie
171 -
ミミカイツブリの夏羽が見られるという話は聞いていたが、画像を見る限りまだ換羽が完全に完了していないようだったので、しばらく待ってから行ってみた。旧江戸川河口を探すと、すぐ手前で潜水を繰り返すミミカイツブリの姿があった。渡っていないか心配だったのだが、大丈夫だった。しばらく河口付近で採餌していたが、だんだんと沖に出ていって、ハジロカイツブリの群れと合流した。遠くなってしまったので、なぎさに移動する。夏羽のハジロカイツブリの大群が沖でいっせいに潜水、浮上する光景はいつ見ても圧巻だ。カンムリカイツブリも夏羽の重そうな頭部を誇示しながら泳いでいる。東なぎさにはユリカモメの大群。渡り前の大集結だろう。鳥類園ではコチドリの雄がすぐ近くで雌にディスプレイしていた。ただただジメジメしていた台湾から一転、暖かい日差しや鳥たちに春を感じる探鳥であった。日本人にはやっぱり熱帯より温帯が合う。
18
17
16
Mar 26
Mar 28
台北
TAIWAN
01. Mallard16. Rock Dove31. Black Bulbul 10+
02. Northern Shoveler17. Oriental Turtle Dove32. Light-vented Bulbul
03. Eurasian Teal18. Spotted Dove33. Barn Swallow
04. Malayan Night Heron 3+19. Common Emerald Dove 134. Taiwan Scimitar Babbler 2
05. Black-crowned Night Heron20. Silver-backed Needletail35. Rufous-capped Babbler 2
06. Eastern Cattle Egret21. Taiwan Barbet 2+36. Grey-cheeked Fulvetta +
07. Grey Heron22. Grey-chinned Minivet 10+37. Japanese White-eye
08. Great Egret23. Brown Shrike38. Crested Myna
09. Intermediate Egret24. Black Drongo 139. Black-collared Starling 2
10. Little Egret25. Bronzed Drongo 2+40. Pale Thrush
11. Crested Serpent Eagle 226. Black-naped Monarch 241. Oriental Magpie-Robin
12. Crested Goshawk 127. Taiwan Blue Magpie 10+42. White-rumped Shama 1
13. Besra juv128. Grey Treepie 10+43. Plumbeous Water Redstart ♂1
14. Common Moorhen29. Eurasian Magpie44. Eurasian Tree Sparrow
15. Black-winged Stilt30. Large-billed Crow45. Grey Wagtail
169 505
[25日]鳥見としては2ヶ国目の海外だが、台湾はあまり外国という感じがしない。かつて日本の植民地だった影響で日本語が通じる場所も多いし、与那国に行くより安い。24日成田から桃園国際空港へ。飛行機はトランスアジア。安いがLCCではないので、機内食が出た。夕方に到着。昨年のシンガポールへのトランジットも桃園だったので懐かしかった。今にも雨が降り出しそうな中、台北駅へ向かうバスに乗る。台北駅は日本でいう新宿駅や東京駅のような存在なのだろうか、周辺はかなり賑わっていた。近くのドミトリーに宿泊。翌朝はさっそく台北植物園をまわる。生憎の雨模様だが、本降りではない。最初に現れたのはシロガシラクロヒヨドリ。日本でも与那国島で記録があるようだ。通称クロヒヨドリと呼ばれているが、この和名だとマダガスカルに分布するMalagasy Bulbulを指してしまう。シロガシラと付くのは基亜種の頭部が白いためであり、台湾産亜種は黒いためなおさら混乱を招く。ズアカアオバトと同じノリである。もっともズアカアオバトは頭が赤い台湾産亜種が種分化したので、ズアカアオバトとう和名自体がふさわしくない感はある。園内をまわると、高い木の上にタイワンオナガ。何羽かいるようだ。タイワンと付くが台湾固有種というわけではない。でも基亜種が台湾固有亜種なので妥当といえば妥当。カササギもいた。九州にいるのと同じ亜種のようだ。ズグロミゾゴイは警戒心がなく、かなり近くまで来る。八重山諸島で見るよりもかなり見やすい。雨で鳥の動きが悪く、これ以上いても進展がなさそうだったので、大安森林公園へ移動する。ここでの狙いはクビワムクドリ。地面に降りているだろうと、視線を下にしながら歩く。カノコバトはたくさんいる。しばらくして、ハッカチョウの群れに混じるクビワムクドリの姿を見つけることができた。大きて白黒なのでかなり目立つ。目標を達成したので、その後は場所を芝山公園に移す。ここではヤマムスメが比較的見やすいとの話であった。歩いていくとクロエリヒタキの姿を見つけるが、すぐに隠れてしまう。ヤマムスメは見つからないまま奥の神社までくると、ズグロミゾゴイ幼鳥の姿。さらに木に猛禽がとまる。若い個体であることは確かだが、種の同定に困った。普段見慣れているツミやハイタカではない。そもそも分布域的にはかなり稀なはず。背中しか観察することができなかったのが痛いが、喉に黒線が入っているように見え、かろうじて見える腹の斑の出方なども考えるとミナミツミが一番近いような気がする。しかし、ネットに上がっている写真を見る限りどうも雰囲気が違う。そもそも、ネット上でミナミツミとカンムリオオタカが相当数誤認されているような気がするのだが。階段を降りて川沿いに出ると、看板の上にオウチュウ。頭上を飛び交う姿は迫力があった。日本でも記録の多い鳥だが、台湾産は固有亜種になる。その後は日没に迫られながら、関度自然公園へ。ここではマミハウチワドリを期待したが、草むらの中を動くウグイス系の鳥を見たものの、識別には至らず。野生化しているというアフリカクロトキの姿もなかった。日没となり、初日の鳥見は終了。雨のせいで種類が少なかった。明日以降に期待。
[26日]今日も雨。昨日見られなかった鳥を期待して朝から台北植物園をまわる。池から木道に入るところでアカハラシキチョウ。本来は東南アジアに生息する鳥で、台湾には自然分布していない。まあそんなことはどうでもいいくらいに美しい。(仮称)タイワンゴシキドリを狙って木道で待機していると、急に緑色の鳥が目に入る。慌てて確認すると、やっぱりそうだ。カラフルな頭部が非常に美しい。ゴシギドリ類は昨年のシンガポールで見たシロボシオオゴシキドリしか見たことがないので、派手頭系ゴシキドリは初である。台湾産ゴシキドリはかつてBlack-browed Barbet(ゴシキドリ) Psilopogon oortiの亜種であったが、そこからIndochinese Barbet P.annamensis、Chinese Barbet P.faber、Taiwan Barbet P.nuchalis の3種が独立している。IOCではこの3種に和名を付けていないが、Taiwan Barbetは便宜上タイワンゴシキドリと呼ぶのが良いだろう。園内にはタイワンゴシキドリ用の巣箱が至るところにかけられている。しばらく木々を移動した後、木をつつき始めた。さすがキツツキ目。営巣でもするのだろうか。地面ではキンバトが普通に歩いている。再びアカハラシキチョウが現れ、さらにタイワンヒメマルハシもちらっと現れたが、写真を撮る暇もなくロストしてしまった。タイワンヒメマルハシは、Streak-breasted Scimitar Babbler(ヒメマルハシ)から種分化した種である。園内を歩くと、歩道脇で巣作り中のズアカチメドリを見つけた。あまり負担をかけるとまずいので軽く見て撤収。一旦宿に戻って荷物を回収し、MRTで新店駅まで行き、そこからさらにバスで烏来へ。山道を颯爽と飛ばすバス、スーツケースの保定で疲労がたまる。烏来は、一説によれば千と千尋の神隠しのモデルとなった場所とされているが真相は不明。ともかくかなり趣のある温泉街だ。今日の宿は長く曲がりくねった坂を登った先にあるので、チェックインにも一苦労。その後、軽く鳥見。烏来名湯温泉の手前にある木にベニサンショウクイの群れ。雄は赤い腹がかなり目立つが、雌でもなかなか綺麗。さらに期待のヤマムスメが登場。やはり尾が長いと存在感がある。普通に温泉旅館の屋根にもとまる。ミカドキジに大差をつけて台湾の国鳥になったらしいが、その美しい姿を見れば納得である。大陸に生息するサンジャクと近縁で配色も似る。川沿いで待機するとカワビタキが登場。南南アジアに広く分布しているが、台湾産は固有亜種。日本では山口や北海道で記録されている。かなり前に石神井川にも出たようだが、公式記録にはなっていない。対岸の木の上にはオウチュウ系がとまっており、どことなくヒメオウチュウのような気がしたが遠すぎて識別不能。ヤマムスメは対岸で木を加えていたので営巣準備か。その後道を進むと、再びヤマムスメの群れ、さらにベニサンショウクイ、シロガシラクロヒヨドリなど。夕方になり温泉街で夕食を食べ、宿へ。さすがは烏来、でっかい浴槽に源泉?を注いでゆっくり浸かる。疲れもふっとび、何を言っているかわからないテレビをノリで見ながら最終日に備えて寝た。
[28日]早朝から鳥見を開始する。宿から坂を下って烏来名湯温泉まで行くのも結構距離がある。川沿いで待機していると昨日と同じ個体と思われるカワビタキが現れる。基本的には見下ろす川の岩場にいたが、一度上がってきて、柵に止まったので、近くで見ることができた。さらに奥へと進んでいくと、遠くの山のほうをハリオアマツバメ系が飛んでいる。遠すぎるのと霧で背中の色が分からなかったが、分布域から考えてクロビタイハリオアマツバメだろう。日本でも南西諸島で記録がある。クロビタイの存在を意識してハリオアマツバメをしっかり見ている人などごく少数なので、実際はもっと飛来しているだろう。タカの渡りの際に記録されることが多いようなので、白樺峠や伊良湖岬で出ると楽しくなってくる。電線にはベニサンショウクイと並んでオウチュウ類がとまっていた。小ぶりな嘴と短い尾、上面の光沢から考えてヒメオウチュウと思われる。霧で正確な色が分からないので大変。しばらくして山側へ消えていった。林道に入ると、しばらくは鳥の出ない区間が続く。雨なので動きが悪く、ちょっと奥で出るだけで、霧のためにシルエット。初見の鳥がほとんどの状況でこれはきつい。かろうじてメジロチメドリを確認。チメドリとつくが、ジチメドリ科である。台湾固有種。行き止まりのところまで来て休んでいると急に猛禽が旋回し出す。(仮称)オオカンムリワシだ。Birds of east asia では八重山諸島に生息する日本産カンムリワシを独立種として扱っており、それに従えばライファーとなる。IOCではまだスプリットされていないが、そのうち分かれるだろう。カンムリワシより一回りでかい。すぐに視界から消えてしまったが、またそのうち飛ぶだろうと下る。林道脇から変な声がすると思ったらタイワンヒメマルハシが木を加えながら現れた。巣材か。素早く動きあがら藪へ消えて行った。さらに下って開けたところで甲高い鳴き声とともに再びオオカンムリワシ、頭上を旋回してくれた。さらに突如カンムリオオタカが現れ、カンムリワシを軽くモビングして去る。もっと下るとベニサンショウクイが良いところにずっととまっている。それを見ていると通りかかったご夫婦に話かけられた。日本人だというと、奥さんが日本語を若干話せ、旦那さんは英語ペラペラなので話が弾み、台北まで乗っけてってくださることになった。しかも車はベンツのSUV。途中道を歩いていたドイツ人2人組も台北まで行くというので一緒に乗っていく。宿に寄ってもらい荷物を回収、そのまま台北へ。さらにお土産にパイナップルケーキを買いたいというと有名店まで連れてっていただいた。本当に有難い。無事購入し、台北近くの駅で降ろしてもらい、宿へ。翌日早朝便で帰国した。短い日程で天気も悪かったが、最低限の目標は達成できた。次回は大雪山でミカドキジやサンケイを狙ってみたいものだ。
15 Mar 15
湘南平
KANAGAWA Pref.
7:30~13:00
01. Black-eared Kite06. Japanese Waxwing 10+11. Japanese White-eye
02. Japanese Pygmy Woodpecker07. Varied Tit12. Grey-capped Greenfinch
03. Great Spotted Woodpecker08. Japanese Tit13. Black-faced Bunting
04. Large-billed Crow09. Japanese Bush Warbler V
05. Bohemian Waxwing 15+10. Long-tailed Tit
140 -
ここ数年ヒレンジャクは毎年見ているが、キレンジャクは4年前が最後だ。今年は神奈川でもヒ、キの両方が見られているようだ。ネット上の画像を見てみるとかなり綺麗な成鳥個体もいるみたいなので、行くことにした。到着時には既にカメラマンが大量にいて、レンジャクの群れは奥のほうのサクラの木の周りを飛び回っていた。ヒレンジャクの群れのようだ。初列風切の外弁、内弁の白色と先端の赤斑が出ている成鳥が数羽、あとは第一回冬羽だ。しばらくすると、群れは飛び去っていった。群れは周回しているようで、その後何回か現れた。期待していたキレンジャクの群れも見ることができた。今まで見たキレンジャクはどれも初列風切外弁だけに黄色が出ている第一回冬羽だったが、今回は外弁の黄色と内弁の白色がL字型に出ている成鳥を初めて観察することができた。キレンジャクの次列風切にある赤いのはロウ状物質なのだが、ヒレンジャクのほうは実はロウ状物質ではないというのは軽い詐欺である。地面に生えているジャノヒゲの実を好んで食べているようで、かなり近くまで来る個体もいる。ただジャノヒゲの草が常に被っているのでなかなか見づらい。とはいえ、近くで見る成鳥は非常に綺麗だった。後で分かったのだが、どうやらここはサクラとレンジャクを絡めて撮ることができるので、カメラマンに人気の場所だという。どんな鳥でもサクラにとまれば絵になるだろうというカメラマンたちの短絡的思考は大変興味深いものがある。
14 Mar 14
三番瀬
CHIBA Pref.
9:00~13:00
01. Eurasian Wigeon12. Grey Plover23. Carrion Crow
02. Northern Pintail13. Common Ringed Plover24. Large-billed Crow
03. Greater Scaup14. Kentish Plover25. Brown-eared Bulbul
04. Black Scoter15. SURFKNOT 1w126. Japanese White-eye
05. Red-breasted Merganser16. Sanderling +27. White-cheeked Starling
06. Black-necked Grebe17. Dunlin +28. Dusky Thrush
07. Great Egret18. Black-headed Gull29. Eurasian Tree Sparrow
08. Great Cormorant19. Mew Gull30. Black-backed Wagtail
09. Western Osprey20. Vega Gull31. Grey-capped Greenfinch
10. Eurasian Coot21. Rock Dove32. Black-faced Bunting
11. Eurasian Oystercatcher22. Oriental Turtle Dove33. Common Reed Bunting
- -
今年の初鳥見で無事観察することができたSURFKNOT、その後三番瀬に引き続き滞在しているようなので、再び見ようと向かった。昼ごろに干潮のため遅めの到着となった。広がる干潟に降りるシギチの群れを探していくと、とりあえずハジロコチドリの姿を見つけることができた。その後、SURFKNOTも順調に発見。最初の時の苦労が嘘のようだ。約2ヶ月前に見た時よりもやや上面の灰褐色味が薄れているように感じた。これから夏羽への換羽が進んでくるだろう。前回はオバシギを否定する根拠(オバシギには全く見えないが)である白い腰を撮影することができていなかったため、それを中心に狙った。幸い、水浴びを観察することができたため、腰だけでなく、翼上面や翼下面も見ることができた。干潟が引ききると、向かって右奥の方へ移動し、かなり近くまで接近してくれた。翼を広げて伸びをすることも頻繁にあり、かなり満足のいく観察になった。世界3例目となるSURFKNOT、この鳥の価値を適切に判断できる人であれば、見ないという選択肢は有り得ないはずであるが、通常の珍鳥よりも明らかにカメラマンの数は少ない。その分鳥が逃げないので大変有難い。このまま滞在してくれれば第一回夏羽を見ることができるだろう。越夏の可能性もあるが、渡っていくことも十分考えられるので、その前に夏羽を抑えなければならない。時期を遅らせるほど綺麗になるが、抜ける可能性が高まるというトレードオフは、越冬珍鳥には付き物の悩みである。
13
12
11
10
Feb 28
Feb 27
Feb 26
Feb 25
道東
HOKKAIDO
01. Eurasian Wigeon15. Black-necked Grebe29. Spectacled Guillemot
02. Mallard16. Pelagic Cormorant30. Ancient Murrelet 15+
03. Common Pochard17. Japanese Cormorant31. Least Auklet 1
04. Tufted Duck18. Black-eared Kite32. Peregrine Falcon
05. Greater Scaup19. White-tailed Eagle33. Carrion Crow
06. Harlequin Duck20. Steller's Sea Eagle34. Large-billed Crow
07. White-winged Scoter21. Mew Gull35. Japanese Tit
08. Black Scoter22. Glaucous-winged Gull36. Black-backed Wagtail
09. Long-tailed Duck +23. Glaucous Gull37. Brambling
10. Common Goldeneye24. Vega Gull38. Asian Rosy Finch
11. Red-breasted Merganser25. Slaty-backed Gull39. Grey-capped Greenfinch
12. Black-throated Loon26. Thick-billed Murre 140. Common Redpoll
13. Pacific Loon27. Common Murre 141. Lapland Longspur 5+
14. Red-necked Grebe28. Pigeon Guillemot 2+
138 487
[25日]昨年に引き続き、真冬の道東へ。前回見られなかったエトロフウミスズメやハシブトウミガラスに期待する。釧路空港に到着後、レンタカーを借りてすぐに、霧多布に急行する。ツメナガホオジロやユキホオジロが先日から観察されている場所だ。よく出ると聞いていたあたりには気配はなく、周辺を探す。アトリ系の群れが地面に降りていたので、確認するとハギマシコ。さらに奥に進んでいくと、草むらの中を動く小鳥を見つける。飛ばさないように注意しながら確認すると、期待のツメナガホオジロだ。警戒心が強いのか、近づこうとするとすぐに飛んでしまった。飛んでいった先を探すと、遠くにそれらしいのはいるが、雪が深くて近づくことができない。しばらく周辺を探した後、車に戻ろうとすると、すぐ横から飛び立つ群れ。やってしまった、ツメナガの群れが来ていたのに気付かなかったのだ。しかし、この辺りが好きなことは分かったので、しばらく車内で待機することにした。なかなか現れる気配がなかったが、しばらくして車上を群れが旋回し出す。降りろ、と願いながら群れを双眼鏡で追いかける。何度目かでようやく降りた。しかし、辺りは暗くなっていく。ツメナガは最初は遠くにいたが、どんどん近づいてきて、最終的には車のすぐそばまでやってきた。かなり夏羽への換羽が進んでいる個体もいた。暗くて雪まで降ってきて凍死しそうになりながら、必死でツメナガを追うのはハードな鳥見だ。ツメナガホオジロはホオジロ科ではなくツメナガホオジロ科なのだが、この事実があまり認識されていないようで悲しい限りである。日本の野鳥650の巻末資料を見るとヒバリツメナガホオジロの非公式な記録もあるようだ。ついでにベーリングユキホオジロがホオジロ科に入っているミスを発見した。何でこんなことが起こるのかと調べてみると、どうやらIOCに誤植があったらしい。しかし、手元にあるv3.1以降のMaster IOC Listを確認してみたが、特に間違いはなかった。v3.1より前のバージョンのミスを引きずっているのか、そもそもIOCに準拠してないのにIOCの誤植の影響を受けるのおかしいし、真相は謎である。同属で別科であることを受け入れてしまっている人たちもいるみたいだが、そんなこと有り得るわけがないだろう。日没で切り上げて根室の民宿へ向かう。とりあえずライファーを見ることができて一安心だ。
[26日]今日は落石クルーズに乗船する日だ。出港は9時なので、それまで納沙布岬をまわる。数日前にハシブトウミガラスがいたというトーサムポロ漁港にまず寄ってみるが見つからず。次に温根元ハイドへ。ここではチシマシギを期待して、岩礁を隅々まで丹念に捜索したが、確認できず。その代わり、流氷の間に浮かぶハシブトウミガラスの姿を見つけた。ここだとかなり遠いのが難点だが、やっと見ることができて嬉しい。頻繁に潜って流氷を越えていくので、追跡が大変である。納沙布岬ハイドからは数日前にエトロフウミスズメが見られているが、今日はその姿がない。珸瑤瑁漁港、歯舞漁港と順に回りながら花咲へ。ここでトラブルが発生する。なんとクルーズ用に持ってきた一眼が、レンズとの接触不良なのか、エラーが出てしまい写真が撮れない。船でデジスコは無理なので、民宿の方に相談すると、ご厚意によりsx60をお借りすることができた。何とかクルーズの出航には間に合い、最近よく出ているエトロフに期待を高める。まず現れたのはウミガラス。夏羽は2回見たことがあるが、冬羽は初めて。割と近くで見ることができた。続いてコウミスズメが登場。船に驚いたのか飛んで遠ざかってしまい、その後潜って見失う。エトロフがよくいるというポイントにはただウミスズメがいたが、エトロフの姿はなし。今回は見れると思っていたのだが、いったいいつになったら見られるのだろう。ウミバトは数回出て、チシマウミバト、アリューシャンウミバトともに観察することができた。落石クルーズではウミバトの3亜種を観察することができる。この日はカムチャッカウミバトまたはカムチャッカ型と便宜上呼ばれる基亜種columba を見ることはできなかったので、次回に期待だ。この海に3亜種が飛来していることを発見したガイドの方には脱帽である。その後はウミスズメがたくさん浮かんでいるくらいだった。クルーズ後は再び納沙布岬を回る。シロハヤブサが先日落石クルーズ時で飛んでいるのが見られているので、一面の雪の中、目を凝らして白い巨体を探す。せめてケアシノスリくらいはいてほしかったが、どちらも見られず。明日は猛吹雪になる予報で、最悪の場合、国道44号が閉鎖され、釧路に戻れなくなる可能性があったので、夜のうちに釧路に移動した。
[27日]朝起きるとかなりの大雪だが、国道はまだ封鎖されていない。昼前にはピークを過ぎたので、釧路港などを回りウミスズメ類が入っていないか期待したが、特に見られず。ピークが過ぎたといっても関東では考えられない量の雪が降り続いている。夕方にはかなり治まってきて、明日は天気が回復するようなので、再び根室に戻った。
[28日]昨日は雪のせいでほとんど鳥見ができていないので、実質3日目の気分だが、あいにく最終日だ。早朝から最後の望みをかけて納沙布岬を周る。温根元ではチシマシギでかなり粘ってみたが、ダメだった。ハイドの周りはハギマシコの群れが飛び回る。納沙布岬も特に珍しい海鳥はおらず。とある理由により非常にチシマウガラスを見たいのだが。2日目と同様に珸瑤瑁、歯舞、花咲と順に漁港を回り、最後の花咲港では、コオリガモをじっくり観察する。飛行機の時間を考えて昼過ぎに根室を後にした。帰りは白い猛禽がいないか注意しながら運転していたが、何事もなく釧路空港へと到着してしまった。エトロフ、チシマウなどなど、まだまだ見るべき鳥がいる根室。また来年も来ることになるだろう。
9
8
Feb 22
Feb 21
金沢
ISHIKAWA Pref.
01. Tundra Swan19. Rough-legged Buzzard 137. Japanese White-eye
02. Eurasian Wigeon20. Eastern Buzzard38. White-cheeked Starling
03. Mallard21. Eurasian Coot39. Dusky Thrush
04. Eastern Spot-billed Duck22. Northern Lapwing40. Daurian Redstart
05. Eurasian Teal23. Long-billed Plover41. Brown Dipper
06. Tufted Duck24. Vega Gull42. Eurasian Tree Sparrow
07. Common Merganser25. Rock Dove43. Black-backed Wagtail
08. Scaly-sided Merganser ♂br.126. Oriental Turtle Dove44. Japanese Wagtail
09. Green Pheasant27. Common Kingfisher45. Buff-bellied Pipit
10. Little Grebe28. Common Kestrel46. Grey-capped Greenfinch
11. Black-necked Grebe29. Bull-headed Shrike47. Common Redpoll 10+
12. Grey Heron30. Chinese Grey Shrike 148. Meadow Bunting
13. Great Egret31. Carrion Crow49. Chestnut-eared Bunting
14. Little Egret32. Large-billed Crow50. Rustic Bunting
15. Great Cormorant33. Japanese Tit51. Black-faced Bunting
16. Western Osprey34. Eurasian Skylark52. Common Reed Bunting
17. Eastern Marsh Harrier35. Brown-eared Bulbul
18. Black-eared Kite36. Japanese Bush Warbler V
116 -
[21日]ここに来て石川県が賑わっているようだ。その中でもオオカラモズは2年前に山口で遥か遠くの木にとまるのを見ただけだ。昨年は近くで見られたようだが、行きそびれたので、次に何処かに出たら行こうと考えていた鳥だ。さっそく金沢への夜行バスを予約する。金沢駅からは電車で最寄の駅へ。最寄と言ってもポイントまでは5kmくらいあるが、1時間ほどで到着。回りを探すと遠くにとまる白い鳥を発見。確認するとオオカラモズだ。かなり遠いが、それでも2年前の半分以下だから、いかに遠いのしか見ていないかがわかる。近くに来てくれるのを待つことにした。見ているとだんだんと行動パターンがわかってきて、お気に入りの木の天辺が定位置で、そこから時々離れた水道管や杭、枯れ木に移動して餌を捕えるという感じだ。つまりその捕食活動の時に運よく手前の枯れ木に来てくれることを祈ることになる。飛ぶとオオモズとの識別点である次列風切まである大きな白斑がよく目立つ。何度か近めの場所には来てくれたので、もうこれ以上はないだろうと皆が帰っていく。その後一人になった時に、一番近い枯れ木にとまってくれた。狙い通りの動きをしてくれたので満足して、ケアシノスリを探しに行く。川沿いを歩くと、遠くの木にそれらしき姿を発見したので、近づいてみる。やはりケアシノスリだ。対岸なので距離はあったが、久しぶりの観察となる。飛んで旋回し、もといたほうへ飛んでいったので、戻ってみると、堤防近くの木にとまっている。かなり近い。すぐに飛んで頭上を旋回してから遠くへ飛び去った。最後にシベリアジュリンのほうへ移動する。本来は一番優先すべきライファーが3番手という謎の遠征なのだが、これにはいくつか理由があり、そもそもオオカラが見た過ぎてしょうがなかったのと、シベリアの場所が今一ピンポイントでわからないことと、そもそもまだいるのか不明、ということでこういう順番になった。到着するとベニヒワが群れている。コベニヒワは混じっていない。シベジュが好きそうな環境がたくさんあり、かなりいそうな雰囲気ではあるが、見つけられずに夜を迎える。ネットカフェに宿泊し、明日またチャレンジだ。
[22日]翌日は始発でシベジュのポイントへ。徹底的に探すが見つからない。もういないのかもしれない。午前中で諦め、金沢駅方面へ。夜行バスの時間まで暇なので、コウライアイサでも狙う。上流に向かって歩いていくとカワアイサはすぐに見つかる。結構住宅街を流れている川なので本当にいるのかと思いながらも進んでいくと、なんとカワガラスが登場。こんな海に近い平地で見るなんて思ってもみなかった。さすが北陸。どんどん歩いていくが、見つかるアイサは全てカワアイサ。しまいには雨が降り出す。コウライ探しなんてこんなもんだろうと、引き返す。スタートした場所に戻り、最後に見える範囲だけでも下流側をしっかり確認しようとスコープを覗くと、視野にボサボサした頭とスケーリーなサイドが入る。なかなか面白い展開である。とりあえず傘をブラインドにして身を隠しながら近づく。最初は川の対岸にいたが、泳いで手前の浅い部分で休憩を始めた。2011年の酒匂川とはいかないまでも、かなり近い。天候だけが残念。周りには誰もいないので、コウライが警戒することもなく、暗くなるまで見続けた。夜行バスで帰宅。ライファーなしの遠征だが、なかなか豪華なメンツだった。
7 Feb 14
早戸川林道
KANAGAWA Pref.
6:30~12:30
01. Eastern Spot-billed Duck13. Varied Tit25. Brown Dipper
02. Grey Heron14. Japanese Tit26. Eurasian Tree Sparrow
03. Great Cormorant15. Brown-eared Bulbul27. Japanese Accentor 2
04. Black-eared Kite16. Japanese Bush Warbler28. Grey Wagtail
05. Eurasian Coot17. Long-tailed Tit29. Japanese Wagtail
06. Oriental Turtle Dove18. Chinese Hwamei30. Eurasian Bullfinch 5+
07. Japanese Pygmy Woodpecker19. Red-billed Leiothrix31. Long-tailed Rosefinch 3+
08. Great Spotted Woodpecker20. Japanese White-eye32. Grey-capped Greenfinch
09. Japanese Green Woodpecker V21. Pale Thrush33. Eurasian Siskin 10+
10. Eurasian Jay22. Dusky Thrush34. Meadow Bunting
11. Carrion Crow23. Red-flanked Bluetail 3+35. Black-faced Bunting
12. Coal Tit V24. Daurian Redstart
107 -
冬の小鳥類を見ようと、久しぶりに早戸川林道を歩く。歩き始めてすぐにウソの小群。見ると腹がわずかに赤いのでアカウソのようだ。上空にクマタカが飛ばないか注意しながら進む。ジョウビタキやルリビタキなど常連の冬鳥たちが顔を見せる。いつもカヤクグリがいるポイントでは、コンクリートの壁に張り付くように2羽が採餌していた。割と近くで見ることができたが動きが早い。いつ見てもシックな色合いが美しいが、去年はなんだかんだで見ていないので2年ぶりとなる。中間地点の橋からはヤマセミがいないか確認するも見当たらない。その先ではベニマシコの群れが珍しく高い木にいる。いつもここではベニマシコを見上げることが多いが、斜面の上方にいるから、という場合が殆どなので、新鮮だ。マヒワも数羽混じっていた。赤と黄色が鮮やか。黄色つながりでミヤマホオジロにも期待するが、声もしない。ゴールの橋ではカワガラスを期待する。少し待つと奥の方に飛んできて潜水を始めたが、遠い。しばらく待ってみたが近くに来る様子はないので、諦めて戻る。行きと同じような鳥たちが出る。最後にジョウビタキがかなり近くに来てくれて終了。宮ケ瀬湖の様子も見てみたが、カモ類が少なかった。
6 Feb 11
田園
SHIZUOKA Pref.
6:30~12:30
01. Green Pheasant11. Bull-headed Shrike21. Black-backed Wagtail
02. Grey Heron12. Carrion Crow22. Buff-bellied Pipit
03. Great Cormorant13. Eurasian Skylark23. Japanese Grosbeak
04. Hen Harrier14. Brown-eared Bulbul24. Grey-capped Greenfinch
05. Black-eared Kite15. Japanese White-eye25. Pine Bunting
06. Eastern Buzzard16. White-cheeked Starling26. Meadow Bunting
07. Ruddy-breasted Crake V17. Dusky Thrush27. Rustic Bunting
08. Grey-headed Lapwing18. Daurian Redstart28. Black-faced Bunting
09. Rock Dove19. Russet Sparrow
10. Oriental Turtle Dove20. Eurasian Tree Sparrow
91 -
珍しくシラガホオジロが平地で見られているという。秋の離島の常連ではあるものの、今まで雄成鳥の綺麗な個体を見たことがなく、今回それが混じっているとのことで、隣県へ足を伸ばした。ポイントは田んぼの中にあるヨシ原で、待っていると雌を確認することができた。しかし、いくら待っても雄が現れることはなかった。不確かだが周辺での目撃情報があったので、採餌場所を変えたのかもしれない。待っている間はハイイロチュウヒ、ケリ、ヒクイナの声などを確認することができた。綺麗な個体はそのうち舳倉島で期待したい。
5
4
Feb 7
Feb 6
九州南部
KAGOSHIMA Pref.
MIYAZAKI Pref.
KUMAMOTO Pref.
01. Common Shelduck24. Eurasian Coot47. Varied Tit
02. Falcated Duck25. Northern Lapwing48. Japanese Tit
03. Eurasian Wigeon26. Grey Plover49. Chinese Penduline Tit 3+
04. Mallard27. Kentish Plover50. Eurasian Skylark
05. Eastern Spot-billed Duck28. Common Snipe51. Brown-eared Bulbul
06. Northern Pintail29. Dunlin52. Barn Swallow
07. Eurasian Teal30. Black-headed Gull53. Japanese Bush Warbler V
08. Common Pochard31. Saunders's Gull adw154. Japanese White-eye
09. Tufted Duck32. Black-tailed Gull55. White-cheeked Starling
10. Greater Scaup33. Vega Gull56. Common Starling 4
11. Red-breasted Merganser34. Mongolian Gull adw157. Pale Thrush
12. Great Crested Grebe35. Slaty-backed Gull58. Dusky Thrush
13. Black-necked Grebe36. Heuglin's Gull 259. Daurian Redstart
14. Black-faced Spoonbill 237. Taimyr Gull60. Russet Sparrow +
15. Grey Heron38. Oriental Turtle Dove61. Black-backed Wagtail
16. Great Egret39. Common Kingfisher62. Eurasian Tree Sparrow
17. Little Egret40. Common Kestrel63. Forest Wagtail ad1
18. Great Cormorant41. Peregrine Falcon64. Japanese Wagtail
19. Western Osprey42. Bull-headed Shrike65. Buff-bellied Pipit
20. Greater Spotted Eagle 1w143. Great Grey Shrike 1w166. Grey-capped Greenfinch
21. Black-eared Kite44. Rook ++67. Meadow Bunting
22. Ruddy-breasted Crake V45. Carrion Crow68. Chestnut-eared Bunting
23. Common Moorhen46. Large-billed Crow69. Common Reed Bunting
84 485
[6日]2012年、日本中を震撼させた、あのカラフトワシ途絶えちゃった事件から2年後の昨年末、なんと再び九州にカラフトワシがやってきたとの嬉しいお知らせが舞い込んできた。越冬はまず間違いないので、年末年始に行くか、2月からの春休みに行くかの2択になるが、年末年始は飛行機が高いので、春休みに行くことにした。すると、その後九州各地で、ブーツを履いたやつとか、冷めたやつとか、武蔵の国の妖精とか珍鳥が相次いで出現し、昨シーズンに引き続き飛来しているイワミセキレイと合わせて一気に周る計画を立てた。しかし、なかなか出が悪いとの話だったので、結局カラフトとイワミの2種を2日間で回ることにした。LCCの早朝便で鹿児島空港に飛ぶので、前日終電で成田空港へ行き椅子で寝る。結構やってる人が多いので、場所の確保が大変だ。9時過ぎには鹿児島空港へ到着。レンタカーを借りて御池を目指す。今年は餌付けが禁止されたらしいので、森の中を探す形になるだろうと思ったら、普通に餌付けされていた。到着後すぐに現れ、歩きながらかなり近くまで来る。宮古島で自力発見した時は暗い林道に降りているのを一瞬見ただけだったので、じっくり観察できて嬉しい。尾を横に振る独特の動きも見られた。実は昨年の3月にも奄美へ行く前にアカツクシガモとセットで狙おうと考えていたのだが、その頃には抜けていたという悲しい思い出があるので、一年越しのリベンジでもあったわけだ。1日かけるつもりだったのだが、2時間くらいで十分だったので、早々にカラフトワシへ移動する。ポイントに着くと、池の向こうの松にとまっている姿を確認することができた。かなり遠いが、上面の白斑がよく目立つ。これが英名の由来となっているわけだが、成鳥になるとなくなるので、なぜspotted と付いているのかよく分からなくなってしまう。さらに謎なのは和名のほうで、樺太には生息していないのだが。何度か飛んでも元の木に戻るが、ようやく右に移動してきてだんだんと近くなった。一度池の手前まで旋回しながら飛んでくれたので、逆光だったもののかなりの迫力だった。池にはクロツラヘラサギとツクシガモ。夕方になるとカラフトが相当近い木までやってきた。凛々しい顔がとても印象的だ。鳥類目録ではイヌワシと同じAquila 属になっているが、現在はLesser Spotted Eagle(アシナガワシ)、Indian Spotted Eagle(インドワシ)とともに3種でClanga 属を構成している。暗くなると飛んで、高く上がって彼方へ消えてしまった。行動範囲がかなり広いのだろうか。今シーズンは別の場所にもやってきているということで、当たり年のようだ。これらの個体も以前の薩摩川内の個体のように20年以上にわたって飛来し続けてくれることを願う。また、成鳥になったら見に来ようと思った。カラフトも十分見られたし、明日はどうしようかと考えていると、地元の方から、オオモズが出ている干拓に別の珍鳥も出ているとの話をいただく。さらに実はオオズグロも来ているらしいとの話。そこで、夜のうちに熊本方面へ移動することにした。
[7日]道の駅で仮眠をとり、早朝から干拓を周る。広大なので、どこにいるのかわからないし、いたとしても潜行性の高い鳥なので、なかなか厳しい。しょうがないのでオオモズのポイントでオオモズを見る。昨年末に渡良瀬で見たばかりだが、この個体は幼鳥だ。幼羽には茶色味がある。亜種はよくわからない。その後はタヒバリ系を探しつつ、干拓を流す。ホシムクドリが普通に電線にとまっているのはさすが九州だ。その他ニュウナイスズメ、ミヤマガラス等。そのまま球磨川河口へ向かう。オオズグロの換羽は早いので、見られれば相当頭が黒くなっているのではないかと期待を高める。満潮時に到着、ここから潮が引く数時間が勝負となる。ツクシガモは手前に集まっている。だんだんと干潟が現れ、そこにカモメ類が降りていく。まずズグロカモメ、続いてセグロカモメ。群れを注意してさがすと、ごつい体つきに白頭が目立つモンゴルセグロカモメの姿があった。嘴の赤斑は大きく、上下嘴ともに黒斑がある。さらに群れの中には何羽は黄色い足で背中が周りのセグロカモメより濃い個体がいる。翼が長くウミネコ的な雰囲気が出ていて、かなりホイグリンカモメに近いように見える。初列の換羽も終わっていないようだ。しかし写真に撮るとそこまで背中が濃く見えなかったりする。飛ぶのを待ったが落ち着いてしまい、しかもこれらの識別に時間をかけていると肝心のオオズクロを見逃す可能性があるためあまり構っていられない。結局オオズグロを探している間に居なくなった。それにしても、IOCでさえheuglini がLesser Black-backed Gull (ニシセグロカモメ)の亜種扱いになっているのはどうにかならないものか。干潟が広がりきってもオオズグロは現れることはなく、レンタカーを返す時間を考えて、諦めて撤収した。本当にオオズグロが今年も来ていたのかは微妙なところだが、来年以降また夏羽を狙いたいと思う。とりあえず目的の2種はしっかり見ることができたので良い遠征であった。
3 Jan 18
茅ヶ崎海岸
KANAGAWA Pref.
6:30~12:30
01. Gadwall12. Oriental Turtle Dove23. White's Thrush 1
02. Eurasian Wigeon13. Common Kestrel24. Pale Thrush
03. Eurasian Teal14. Bull-headed Shrike25. Dusky Thrush
04. Tufted Duck15. Carrion Crow26. Daurian Redstart
05. Great Crested Grebe16. Large-billed Crow27. Eurasian Tree Sparrow
06. Great Cormorant17. Japanese Tit28. Black-backed Wagtail
07. Western Osprey 118. Brown-eared Bulbul29. Grey-capped Greenfinch
08. Black-eared Kite19. Japanese Bush Warbler V30. Meadow Bunting
09. Black-headed Gull20. Long-tailed Tit31. Black-faced Bunting
10. Vega Gull21. Japanese White-eye
11. Rock Dove22. White-cheeked Starling
54 -
東京でカラムクドリが出ているらしいが、住宅地のど真ん中で民家に来るとかいう話を聞くと、なんだか行く気が起きない。そんな中、茅ヶ崎にもカラムクが出たということで、ならばこちらへ行こうと決めた。ポイントはちょうどミサゴのダイビングを撮影するポイントのようで、嫌いな類のカメラマンが大量にいたが、カラムクを狙っている人はいないようだ。一人林側を向いて数時間待機していたが、出ない。ジョウビタキやモズ、ヒヨドリといった世界的珍鳥は次々と登場する。林の裏側に回ったところでトラツグミ。ただムクが数羽いたが、カラムクは混じっていない。これは無理だろうと海を眺めながら、ハシナガウミスズメでも浮かんでいないか探したが、ただのウミスズメすらいない。アビ類もいない。本当はカラムクではなく海鳥が目的だったので、海岸線を歩きながらヘッドランドまで探して帰宅。サーファーが多過ぎる。
2 Jan 11
じゅん菜池
CHIBA Pref.
7:30~12:00
01. Gadwall07. Eurasian Teal13. Common Kingfisher
02. Eurasian Wigeon08. Tufted Duck14. Large-billed Crow
03. Mallard09. Lesser Scaup ad♂15. Brown-eared Bulbul
04. Eastern Spot-billed Duck10. Smew ad♂16. Dusky Thrush
05. Northern Shoveler11. Black-headed Gull17. Eurasian Tree Sparrow
06. Northern Pintail12. Oriental Turtle Dove18. Black-backed Wagtail
40 -
今シーズンも水元にコスズガモがやってきたのは知っていたが、最近はじゅん菜池にいるとのことで、近くで見られるようだ。ミコアイサも近いとの話なので、行ってみることにした。池を見るとミコアイサの存在はすぐに認識できた。コスズガモも、スズガモがいないために探すのは容易だ。寝ていることも多いが、泳いだり、羽ばたいたりと活発に動いていた。距離は水元の半分以下なので、頭部の形、嘴先端の黒色部の小ささ、初列風切の灰色味など、コスズの特徴を至近距離で確認できた。ミコアイサは池を自由に潜水しながら動き回っている。冠羽の黒い部分は、角度によっては緑色光沢が出てとても綺麗だ。その他池にはオカヨシガモ、ハシビロガモなど。ヒドリガモの中にはアメリカヒドリは混じっていなかった。
1 Jan 3
三番瀬
CHIBA Pref.
7:30~14:30
01. Eurasian Wigeon12. Eurasian Coot23. Bull-headed Shrike
02. Northern Pintail13. Eurasian Oystercatcher24. Large-billed Crow
03. Greater Scaup14. Grey Plover25. Brown-eared Bulbul
04. White-winged Scoter ad♂115. Common Ringed Plover26. Japanese White-eye
05. Common Goldeneye16. Kentish Plover27. White-cheeked Starling
06. Red-breasted Merganser17. SURFKNOT 1w128. Dusky Thrush
07. Great Crested Grebe18. Sanderling +29. Eurasian Tree Sparrow
08. Black-necked Grebe19. Dunlin ++30. Black-backed Wagtail
09. Grey Heron20. Black-headed Gull31. Buff-bellied Pipit
10. Great Egret21. Vega Gull
11. Great Cormorant22. Rock Dove
30 -
2015年の初鳥見は、約1ヶ月前に振られたオバシギとアライソシギの交雑個体を期待して、三番瀬へ。今年一発目の鳥見を空振りで終わらせることは避けたい。到着時はまだ干潟が出ていなかったので、堤防からカモ類を観察する。ビロードキンクロは健在で、他にはホオジロガモなど。干潟のほうにハマシギたちが降り始めたので、一羽ずつ確認していくと、目的の交雑個体の姿をすんなりと見つけることができた。ちょっと距離があるが、手前までハマシギの群れが広がっており、飛ばすと全部飛んでしまいそうなので、あまり近づくことができない。しばらくして飛んでしまったが、散らばった群れを丹念に探していくと再び発見。ネットを挟んでいるので、警戒していないのか割りと近い。上手い具合にネットが垂れている部分から観察する。ダイゼンの群れに混じっていたが、そのほうが落ち着くのだろうか。幼羽の時に見つかり、現在は第一回冬羽。全体に黒く、ずんぐりとした体型は、かなりアライソに近い印象を受ける。ただ嘴の長さ等オバシギの影響を受けていると思われる部分が数ヶ所ある。この組み合わせの交雑個体は、2009年と2012年にカリフォルニア州で観察されているだけで、この個体が世界3例目となる。カリフォルニアで見つかった時には、アライソシギの英名 Surfbird と、オバシギの英名 Great Knot を合わせて、SURFKNOT と呼ばれていたようなので、この個体もそのように呼ぶことにする。このまま越冬してくれれば、春には夏羽を見ることができるだろう。もしかしたら越夏する可能性もあると思っているので、今年は三番瀬に来る回数が多くなりそうだ。
     sitemap