- 2017
No. Date Place
Time
Speices (LifeList YearList)
Note&Photo
Year
List
Life
List
7 Feb 23 埼玉各地
SAITAMA Pref.
01. Mallard13. Oriental Turtle Dove25. Dusky Thrush
02. Eastern Spot-billed Duck14. Japanese Pygmy Woodpecker26. Daurian Redstart
03. Green Pheasant15. Bull-headed Shrike27. Eurasian Tree Sparrow
04. Little Grebe16. Carrion Crow28. Black-backed Wagtail
05. Grey Heron17. Large-billed Crow29. Buff-bellied Pipit
06. Great Egret18. Japanese Tit30. Hawfinch
07. Little Egret19. Eurasian Skylark31. Chinese Grosbeak
08. Great Cormorant20. Brown-eared Bulbul32. Japanese Grosbeak
09. Black-eared Kite21. Long-tailed Tit33. Grey-capped Greenfinch
10. Eurasian Coot22. White-cheeked Starling34. Meadow Bunting
11. Solitary Snipe23. Pale Thrush35. Black-faced Bunting
12. Rock Dove24. Brown-headed Thrush36. Common Reed Bunting
246 -
最近コイカルを見ていないことに気づいてしまい、さらにアオシギも最近見ていないことに気づいてしまい、その2種が埼玉の比較的近いエリアで見られていることに気づいたので、向かう。まず朝にコイカルを狙う。河川敷に降りてしばらくイカルの群れを探すと、遠くに白っぽい鳥の群れが地面に降りたり木に上がったりしているのを見つけたので、近づく。案の定イカルで、その中にコイカルが雄雌各1羽混じっていた。一旦群れが地面に降りてしまえば、こちらが動かない限り警戒しないようで、近くで見ることができた。通行人が通る度に木に上がって、また降りてくる。コイカルは実に4年ぶりの観察となる。しばらくして群れが大飛びしたので、アオシギのポイントへ移動する。到着すると、湿地の奥で寝ている姿が草の隙間から辛うじて見られるレベルだった。夕方になれば動き出すだろうと待っていると、だんだん手前のほうに出てきて採餌を始めた。昔の舞岡公園の距離とは比べ物にならないが、久しぶりなので嬉しい。記録を確認したところ、なんと7年ぶりだったので時が経つのは早いと実感。動きが一段落したところで帰宅。目的2種を外さずに済んだので国内鳥運は回復の傾向にあると考えたい。
6 Feb 7 早戸川林道
KANAGAWA Pref.
01. Falcated Duck15. Japanese Pygmy Woodpecker29. Dusky Thrush
02. Eurasian Wigeon16. Great Spotted Woodpecker30. Red-flanked Bluetail
03. Mallard17. Eurasian Jay31. Daurian Redstart
04. Eastern Spot-billed Duck18. Large-billed Crow32. Japanese Accentor
05. Common Pochard19. Coal Tit33. Grey Wagtail
06. Tufted Duck20. Varied Tit34. Black-backed Wagtail
07. Black-necked Grebe21. Japanese Tit35. Japanese Wagtail
08. Grey Heron22. Brown-eared Bulbul36. Eurasian Bullfinch
09. Great Cormorant23. Japanese Bush Warbler37. Long-tailed Rosefinch
10. Western Osprey24. Long-tailed Tit38. Grey-capped Greenfinch
11. Mountain Hawk-Eagle25. Chinese Hwamei39. Eurasian Siskin
12. Black-eared Kite26. Japanese White-eye40. Meadow Bunting
13. Eurasian Coot27. Eurasian Wren41. Black-faced Bunting
14. Oriental Turtle Dove28. Pale Thrush
239 -
冬の小鳥たちを求めて久しぶりに早戸川林道を歩く。入口でさっそくマヒワの群れ。さらにアカゲラが登場。進んでいくとウソ。いつもいる場所にカヤクグリの姿がないのが気になりながらも、途中の橋を通過。番のベニマシコが見られる。心配していたカヤクグリも終点まであとちょっとの所でようやく確認。終点の橋ではクマタカ狙いのカメラマンが並んでいた。あまり期待はしていなかったのだが、ちょっと待っただけで飛んできて、上空を旋回してくれたのでラッキーだった。来た道を戻る。マヒワの群れが低い位置に来ていたので、至近距離で見ることができた。意外とこういう機会は少ない。その他ベニマシコやルリビタキを見て入口に到着。バスの時間まで少しあったので、湖のほとりの池でヨシガモを見て終了。
5 Juv 21 銚子・波崎
CHIBA &
IBARAKI Pref.
01. Mallard16. Little Egret31. Oriental Turtle Dove
02. Eastern Spot-billed Duck17. Great Cormorant32. Peregrine Falcon
03. Northern Pintail18. Japanese Cormorant33. Bull-headed Shrike
04. Common Pochard19. Black-eared Kite34. Carrion Crow
05. Tufted Duck20. Eastern Buzzard35. Large-billed Crow
06. Greater Scaup21. Black-headed Gull36. Eurasian Skylark
07. Black Scoter22. Black-tailed Gull37. Brown-eared Bulbul
08. Red-breasted Merganser23. Mew Gull38. White-cheeked Starling
09. Black-throated Loon24. Glaucous-winged Gull39. Dusky Thrush
10. Pacific Loon25. Glaucous Gull40. Blue Rock Thrush
11. Red-necked Grebe26. Vega Gull41. Eurasian Tree Sparrow
12. Great Crested Grebe27. Tymyr Gull42. Black-backed Wagtail
13. Black-necked Grebe28. Slaty-backed Gull43. Buff-bellied Pipit
14. Grey Heron29. Ancient Murrelet
15. Great Egret30. Rock Dove
214 -
オーストラリアやパプアニューギニアのガイドであるM氏が日本に帰国されているとのことで、一緒に鳥見をしようということになり、海外探鳥でお世話になっている方々も同行して波崎・銚子へ。まず波崎から流していく。港の奥にカモメの群れが降りていたが、ワシカモメが混じる程度。海面にはカモの群れの中にオオハムを確認。その後海岸線へ出て海を見てみたが、沖合には特に何もおらず。シロカモメが降りているのを見て銚子へ。マリーナや外川漁港まで足を延ばしてみるものの全体的にカモメの数は少なく、カナダカモメすら見つからない。知人から波崎でオオハムが近いという連絡をもらい、戻ってみると、停泊している船のすぐ近くにいた。ウミスズメもいる。しばらく見た後、昼飯を食べに再び銚子へ。食後に銚子を周るが朝と大して変わらないので、結局波崎へ戻る。堤防との間の水路でオオハムとシロエリオオハムが1羽ずつ浮かんでいた。並ぶと違いがよくわかる。その後は先ほどの近い個体を再び狙う。午前中よりさらに近くまで来ていた。活発に潜水を繰り返している。その他アカエリカイツブリを確認。M氏は夜から外国人バーダーのガイドだそうなので、成田空港まで送り、その夜は海外鳥屋グループの新年会。翌日からインフルっぽい症状になったのだが、どこで移ったのだろうか。
4~1
(2017)
----
82~80
(2016)
Jan 4 '17
~
Dec 29 '16
Sri Lanka
001. Fulvous Whistling Duck074. Little Stint147. Indian Paradise Flycatcher
002. Lesser Whistling Duck075. Temminck's Stint148. Sri Lanka Blue Magpie
003. Cotton Pygmy Goose076. Curlew Sandpiper149. House Crow
004. Northern Shoveler077. Gull-billed Tern150. Indian Jungle Crow
005. Northern Pintail078. Caspian Tern151. Grey-headed Canary-flycatcher
006. Garganey079. Greater Crested Tern152. Cinereous Tit
007. Eurasian Teal080. Little Tern153. Jerdon's Bush Lark
008. Grey Francolin081. Common Tern154. Black-capped Bulbul
009. Sri Lanka Spurfowl082. Whiskered Tern155. Red-vented Bulbul
010. Sri Lanka Junglefowl083. Rock Dove156. Yellow-eared Bulbul
011. Indian Peafowl084. Sri Lanka Wood Pigeon157. White-browed Bulbul
012. Little Grebe085. Spotted Dove158. Yellow-browed Bulbul
013. Painted Stork086. Common Emerald Dove159. Square-tailed Bulbul
014. Asian Openbill087. Orange-breasted Green Pigeon160. Sand Martin
015. Woolly-necked Stork088. Sri Lanka Green Pigeon161. Barn Swallow
016. Black-headed Ibis089. Green Imperial Pigeon162. Hill Swallow
017. Glossy Ibis090. Green-billed Coucal163. Sri Lanka Swallow
018. Eurasian Spoonbill091. Greater Coucal164. Greenish Warbler
019. Yellow Bittern092. Sirkeer Malkoha165. Large-billed Leaf Warbler
020. Black Bittern093. Red-faced Malkoha166. Blyth's Reed Warbler
021. Black-crowned Night Heron094. Blue-faced Malkoha167. Sri Lanka Bush Warbler
022. Indian Pond Heron095. Asian Koel168. Zitting Cisticola
023. Eastern Cattle Egret096. Grey-bellied Cuckoo169. Grey-breasted Prinia
024. Grey Heron097. Serendib Scops Owl170. Jungle Prinia
025. Purple Heron098. Brown Fish Owl171. Ashy Prinia
026. Great Egret099. Chestnut-backed Owlet172. Plain Prinia
027. Intermediate Egret100. Brown Hawk-Owl173. Common Tailorbird
028. Little Egret101. Sri Lanka Frogmouth174. Sri Lanka Scimitar Babbler
029. Spot-billed Pelican102. Indian Nightjar175. Dark-fronted Babbler
030. Little Cormorant103. Crested Treeswift176. Brown-capped Babbler
031. Indian Cormorant104. Indian Swiftlet177. Orange-billed Babbler
032. Oriental Darter105. Brown-backed Needletail178. Yellow-billed Babbler
033. Western Osprey106. Asian Palm Swift179. Ashy-headed Laughingthrush
034. Black-winged Kite107. Alpine Swift180. Yellow-eyed Babbler
035. Crested Honey Buzzard108. Little Swift181. Sri Lanka White-eye
036. Crested Serpent Eagle109. Malabar Trogon182. Velvet-fronted Nuthatch
037. Changeable Hawk-Eagle110. Indian Roller183. Sri Lanka Hill Myna
038. Legge's Hawk-Eagle111. Stork-billed Kingfisher184. Southern Hill Myna
039. Crested Goshawk112. White-throated Kingfisher185. Common Myna
040. Shikra113. Black-capped Kingfisher186. White-faced Starling
041. Pallid Harrier114. Common Kingfisher187. Rosy Starling
042. Black Kite115. Pied Kingfisher188. Pied Thrush
043. Brahminy Kite116. Green Bee-eater189. Spot-winged Thrush
044. White-bellied Sea Eagle117. Blue-tailed Bee-eater190. Sri Lanka Thrush
045. Grey-headed Fish Eagle118. Chestnut-headed Bee-eater191. Indian Blackbird
046. Himalayan Buzzard119. Malabar Pied Hornbill192. Indian Robin
047. Slaty-legged Crake120. Sri Lanka Grey Hornbill193. Oriental Magpie-Robin
048. White-breasted Waterhen121. Brown-headed Barbet194. Asian Brown Flycatcher
049. Grey-headed Swamphen122. Yellow-fronted Barbet195. Brown-breasted Flycatcher
050. Common Moorhen123. Crimson-fronted Barbet196. Tickell's Blue Flycatcher
051. Eurasian Coot124. Lesser Yellownape197. Dull-blue Flycatcher
052. Indian Stone-curlew125. Red-backed Flameback198. Indian Blue Robin
053. Great Stone-curlew126. Crimson-backed Flameback199. Sri Lanka Whistling Thrush
054. Black-winged Stilt127. White-naped Woodpecker200. Kashmir Flycatcher
055. Yellow-wattled Lapwing128. Plum-headed Parakeet201. Pied Bush Chat
056. Red-wattled Lapwing129. Layard's Parakeet202. Golden-fronted Leafbird
057. Pacific Golden Plover130. Alexandrine Parakeet203. Legge's Flowerpecker
058. Grey Plover131. Rose-ringed Parakeet204. Pale-billed Flowerpecker
059. Little Ringed Plover132. Sri Lanka Hanging Parrot205. Purple-rumped Sunbird
060. Kentish Plover133. Indian Pitta206. Purple Sunbird
061. Lesser Sand Plover134. Bar-winged Flycatcher-shrike207. Loten's Sunbird
062. Pheasant-tailed Jacana135. Sri Lanka Woodshrike208. House Sparrow
063. Black-tailed Godwit136. Common Iora209. Streaked Weaver
064. Bar-tailed Godwit137. Large Cuckooshrike210. White-rumped Munia
065. Whimbrel138. Small Minivet211. Scaly-breasted Munia
066. Eurasian Curlew139. Orange Minivet212. Black-throated Munia
067. Common Redshank140. Brown Shrike213. Tricolored Munia
068. Marsh Sandpiper141. Black-hooded Oriole214. Forest Wagtail
069. Common Greenshank142. Black Drongo215. Grey Wagtail
070. Green Sandpiper143. White-bellied Drongo216. Richard's Pipit
071. Wood Sandpiper144. Sri Lanka Drongo217. Paddyfield Pipit
072. Common Sandpiper145. White-browed Fantail
073. Sanderling146. Black-naped Monarch
177
(2017)
----
855
(2016)
1110
「インド洋の真珠」とも呼ばれるスリランカ。豊かな自然が残されており、34種の固有種をはじめとした多くの鳥を観察することができる。首都スリジャヤワルダナプラコッテは、地理の時に出てくる長い首都名として小中学生の間でも割と知られているが、この首都の名前は故ジャワワルダナ大統領にちなむもので、サンフランシスコ平和会議に出席した際、日本への賠償請求を放棄する演説を行い、日本の国際社会復帰への道筋をつくった人物として有名である。2009年までは内戦が続いていたが、現在は収束し、観光業で急速に発展している。そんなスリランカへの探鳥のお誘いをいただいたのは11月上旬、インド北部に一緒に行ったT氏からであった。特に年末年始の予定はなかったので同行させていただくことにした。航空券を調べてみると中国東方航空が上海乗り継ぎでオンシーズンにしては安い10万円。中華キャリアを使うことに若干の抵抗はあったが、それ以外に良い便がないし、乗り継ぎの時間を多くとって、利用することにした。出発日になり、羽田から出国、上海へ。沖縄のちょっと先なので、3時間ほどで到着。上海での乗り継ぎは難しいとの事前評判だったので覚悟していたが、意外とスムーズに手続きをクリアし、だいぶ時間が余る。しかしこの地はあの言論規制大国、Googleには繋がらないし、Facebookは通知だけ来るのに見られないし、退屈な時間をロビーで過ごす。ようやくコロンボ行きの搭乗が開始され機内に乗り込む。7時間ほどでコロンボに到着。機内食も思ったより美味しくて普通によかった。コロンボ空港で後からやってきるT氏を待つ。フードコートで仮眠し、そろそろかと思って椅子で図鑑を読みながら待っていると、今回のガイドであるChinthakaがやってきた。日本人を多くガイドしている人。図鑑で分かったようだ。話をしながら待っているとT氏が到着。そのまま最初の探鳥地であるSinharajaへ。途中、木にスリランカアオバトの群れがとまっていた。固有種1種目。その後朝飯を食べる。周囲の木にクリセタイヨウチョウ。インドクロヒヨドリとシリアカヒヨドリも見られる。インドクロはインド南部とスリランカのみに分布。ビジターセンターのような建物がある場所へ移動し、探鳥開始。さっそくエボシヒヨドリで固有種2種目。さらに近くの餌台にセイロンサンジャクが来ていた。固有種3種目。ルリカケスをもっと派手にしたような奇麗さ。アカハシハナドリ、チャムネサメビタキと続く。森の中を歩いていると、上空を舞う猛禽類を見つけた。旋回しながらだんだんと近づいてくる。Legge's Hawk-Eagleだ。インド南部とスリランカにしかいないので是非見たかった種。ヤブヨシキリが鳴いているが見られない。センターの周りに戻る。空にインドショクヨウアマツバメ、そしてコシアカツバメに似たSri Lanka Swallow。固有種4種目。少し山を下って観察すると、インドカンムリアマツバメが飛ぶ中、ズアカサトウチョウが見られたが遠い。でも固有種5種目。コサンショウクイとシロハラオウチュウ、ズグロコウライウグイスなどが出る中、固有種6種目のキビタイゴシキドリ。藪から急にコウヨウジャクが出てくる。こんな高いところにもいるのか。さらにマミジロヒヨドリとキバシヤブチメドリ、そしてキバシに混じるようにセイロンヤブチメドリ、固有種7種目。良種似ているがセイロンは嘴と体の色が濃い。その他ヒメアオゲラ、ミナミカンムリワシ。センターに戻ってジープに乗り換え、山をさらに上がる。チャガシラハチクイなどを見て、今日から2泊するロッジに到着。昼飯を食べる。テラスからセイロンハナドリが見られた。固有種8種目。インドクロヒヨドリも近い。食べ終わって少し休憩して、国立公園の中へ。途中ズグロインドチメドリが出る。インド南部からスリランカにだけ生息。門をくぐって中に入るとさっそくセイロンジチメドリ。固有種9種目。チメドリの割には動きは遅い。セイロンハナドリとハシブトムシクイも出る。さらに頭上の木にアカガオバンケンモドキ。固有種10種目。目の周りの赤色が特徴的で、来たら外せない種だ。ビロウドゴジュウカラなどを見て進むとバードウェーブに当たる。その中にインドキヌバネドリの姿があった。インド中南部とスリランカに生息、他のキヌバネドリに引けをとらぬ美しさ。群れの中にはセイロンガビチョウ、Sri Lanka Drongo、セイロンミドリワカケインコといて連続固有種11、12、13種目。インドサンコウチョウの白い個体も見られた。アカガオバンケンモドキが再び頭上に現れる。続いて出てきたセイロンマルハシは高くて見にくいが固有種14種目。樹上ばかりに気を取られていたが、不意にトレイルに目をやるとセイロンヤケイが雄雌で出てきているではないか。固有種15種目。ニワトリの祖先とはいえキジ科なので大変美しい風貌。雌は触れるほどに近づいて来る。しばらく見ていると藪に引っ込んでしまった。さて次は何か出てくるのか、期待しながら歩き出すと、別のガイドがSerendib scops owlを見つけたと。固有種の中で最も見るのが難しいかと思っていた種の一つだ。さっそくその場所へと向かう。トレイルから脇道に逸れていき、藪をかき分けながら進んでいく。しばらく歩いたところで到着。葉の生い茂った低木の中にいるようだ。角度的に見られる場所が一か所しかないので、順番に観察した。全身は見ることができなかったが、2001年に新種として発見されたその鳥が静かに佇んでいた。固有種16種目。十分観察したところでまたトレイルに戻る。もうかなり暗くなってはいたがまだまだ鳥を探す。薄暗い森の中でスリランカトラツグミの影を一瞬見たが、撮影には至らず。でも固有種17種目。帰り際に斜面で採餌しているセイロンジツグミを18種目の固有種として本日は終了。長い一日だった。今日で半分以上の固有種を見たので明日以降に期待。
今日は早朝にセイロンケヅメジャコを狙う。スリランカ固有種の中で最難関の一種だが、民家の庭に来るらしい。ロッジからジープで山を降りて、センター辺りまで下り、別の山道を登っていくと、よくある一軒の家に到着。どうやらここがポイントらしい。お邪魔させていただいて、窓から狙う。まだ暗い中セイロンジツグミ、セイロンガビチョウが出てくる。セイロンヤケイの雌が急に出てきて一瞬ケヅメジャコかとひやっとしていると、遂に本物が奥から現れた。番で行動しているようでだんだんと近くに来る。雄は暗い色がベースなのだが、赤いアイリングと嘴、白い線が目立ち、異彩を放っている。しばらく採餌した後森へ消えていった。固有種19種目。キンバトもいた。また出て来るというので、その間家の外で探鳥。セイロンバンケンが木の中を動く。高い木の上にはセイロンキュウカンチョウ。固有種20、21種目。ズアカサトウチョウの餌渡し、ヒイロサンショウクイなどを見て、家の中へ。ノドアカヒメアオヒタキが近くに来た。その後、またケヅメジャコが奥に出現。近くに来ないまま引っ込んでしまったかに思えたが、家の外にいると、中からガイドに呼ばれ、入るとすぐ手前に来ていた。明るくなってきており、早朝よりもよく見られた。横の畑でセイロンバンケンもばっちり。その後はロッジに戻りながら探鳥。インド南部からスリランカにしかいないキマユヒヨドリ、その他セイロンハナドリ、カワリサンコウチョウの雌、ミドリムシクイなどが出る。進むと上空にインドカンムリアマツバメとインドショクヨウアマツバメ。近くを飛んでくれた。Western Spotted Doveもいた。EasternとWesternに種分化していたのを初めて知った。遠くの巨木にとまるカワリクマタカを見てロッジへ。昼飯を食べる。テラスからキマユヒヨドリ、インドクロヒヨドリ、Sri Lanka Swallowを見る。下の方からセイロンサンジャクの声が聞こえてきたので降りてみると、ようやくしっかり見ることができた。その後はセイロンガマグチヨタカのポイントへ。ロッジから少し上がったところにある池のほとりの木に、2羽並んでとまっていた。雄雌だったので、色の違いがよく分かる。セイロンと付くがインド南端にも少数分布する。今回のメインターゲットの一つなので嬉しい。門の前まで来ると、Sri Lanka Drongo、エボシヒヨドリ、アカガオバンケンモドキ、セイロンマルハシ、セイロンガビチョウなどが現れる。その後は森の中でスリランカトラツグミを探すがなかなか見つからない。広場に出て休んでいると、上空をシロガオムクドリが飛んで行った。やっと見られた。固有種22種目。再び森の中へ。インドキヌバネドリやヒメアオゲラが出る中、コールバックしながらターゲットを待つ。何の気配もない時間が続く中、不意に視界を横切る影。何かと思い、とまった辺りを探すと、なんとそこにいたのはスリランカトラツグミだった。トラツグミの下面をバフ色にして尾を短くした感じ。諦めてかけていただけに喜びは一入。大満足で今日の鳥見は終了。帰り道は大雨。ロッジに着くちょっと前にシロガオムクドリが鳴きながら頭上を通過。とまっているところを見たかった。
今日がSinharaja最終日。早朝朝飯を食べているとテラスの横にセイロンサンジャク。公園内へ歩いていく途中で、ヒノドゴシキドリ。キビタイばかりだったがようやく見られた。固有種23種目。丘の上からセイロンキュウカンチョウ、キビタイコノハドリ、ミカドバト、ヒイロサンショウクイなどを見て、森へ。その途中でようやく現れたのはスリランカコサイチョウ。小型のサイチョウだが十分大きいので簡単に見つかると思っていたが、もう3日目。アカハラコルリの奇麗な雄が藪の中を動くが、早くて辛うじて証拠写真。ちゃんと見たかった。セイロンマルハシ、カワリサンコウチョウ、クロエリヒタキ、ハシブトムシクイ、ヤブヨシキリなどが見られる。戻りながらセイロンジチメドリを観察。初日より条件が良い。ロッジに戻ると餌台にスリランカコサイチョウが来ていた。荷物を持ってジープで山を下り、車を乗り換えて、Udawalaweへ。途中巣に乗っかるインドカンムリアマツバメ、さらにセイロンガマグチヨタカを3個体も見ることができた。4時間ほどで到着。湖の周りの草原地帯で, まるでアフリカのような光景。ここで狙うべき固有種はSri Lanka Woodshrikeだ。道路沿いの草地から探鳥を始める。低木にヒノドゴシキドリが数羽。草地からインドクジャク。上空をシロハラアナツバメ、シロハラウミワシが飛ぶ。さらに探すと茂みにクリムネタイヨウチョウとミドリオオゴシキドリ。クリムネはインド南部とスリランカ限定。その後ランチボックスを食べながら待ってみたが現れず。今日泊まるホテルに移動する。高級感漂うホテルでプールが付いていた。部屋に荷物を置いて、車高の高いジープに乗り換える。この車で国立公園内へ入るようだ。受付を済ませている間に、エンビコウが数羽上空を飛んでいた。草原地帯を進み始めるとミドリハチクイ、ハイバラカッコウ、インドヒタキなどが道端に出てくる。水溜まりにはインドトキコウ。インドクジャクもあちこちにいる。キンメセンニュウチメドリ、インドハウチワドリ、シロハラハウチワドリなどこの地域ならではの草原性の鳥たちから、ヤブヨシキリ、バライロムクドリといった日本的珍鳥まで次々に出現。楽しい時間が続く。カワリクマタカもかなりの近距離でとまっているし、地面にはマミジロタヒバリ、ヒメマミジロタヒバリ、インドトサカゲリ。さらに進むとカササギサイチョウの群れ。インド中部以南の鳥。カタグロトビが遥か彼方を飛んでいる。広域種だが縁がなくようやくライファー。続いてウスハイイロチュウヒが視界を横切る。9年前の手賀沼、受験で行くことができず、高校入試翌日に駆け付けた思い出が蘇る。マミジロオウギビタキ、そしてJerdon's Bush Larkも数個体。ホンセイインコやミカドバトを流しながら進むと、Woodshrikeが好きそうな枯れ木がある。待っているとカササギサイチョウが飛んできて、その後に小さめの鳥がやってきた。お待ちかねのWoodshrikeだ。固有種24種目。奥の藪でコノハドリが動いている。インド中部以南にしかいないズグロヒメコノハドリではと期待したが、残念ながら普通のヒメコノハドリだった。来た道を引き返しながら、その他の見るべき種を探す。ムネアカアオバト、インドクジャク、インドブッポウソウなどが出る。進んでいくと藪にタテフバンケンモドキが入る。待っていると木の上に出てきてくれた。さらにその先でアオメクロバンケンモドキが視界を横切る。ちゃんと見たかったが、両種ともインド南部からスリランカ特産種。さらにコセイインコ、上尾筒を広げたインドクジャクも見られた。インドヒタキの雄も近い。その後、昼飯を食べたポイントに戻って、ナイトバーディング。暗くなるのを待っていると、ミドリオオゴシキドリが出てきた。インドヤイロチョウの声がするので探すと飛び出して、遠くの茂みに入っていった。一瞬しか見ることができなかったので、明日以降に期待したい。ミドリハチクイの群れ、クロトキなど、ねぐら入りをする鳥たちが上空を通過していく。暗くなり、インドヨタカを探す。遠くの地面に降りているのを見つけたもののすぐ飛んでしまいその後不明。宿に戻ると大晦日の催しがあって楽しい年越しだった。
Happy New Year !! と言う声が午前4時のプールサイドに響く。まだ暗い中次の探鳥地、Nuwara Eliyaへ向かう。当初の予定では6時出発だったのだが、2時間ほど早めてもらった。4時間くらいかかるはずが、運転手の巧みな山道運転技術により、7時くらいには到着。朝のいい時間を使えるのは幸運だ。まずセイロンルリチョウが居そうな渓流のポイントへ。上空をセイロンモリバトが通過。固有種26種目。ガイドが探している間周辺を歩くとキミミヒヨドリ、セイロンヒタキ、セイロンメジロといった高標高にしかいない固有種が見られる。27、28、29種目。セイロンオウギセッカの地鳴きも聞こえたのだが姿は見えず。朝飯を食べて場所を変える。着いたのは集落の中を流れる小川。すぐ横に家があり人も多い環境なのだが、ここにルリチョウがいるという。半信半疑ながら探していると、鳴き声が聞こえてきた。その方向を見ると茂みの中に群青色が佇んでいるのが見えた。固有種の中でも減少が顕著で、見られないかもしれないと思っていたので元日からラッキーだ。遂に大台の30種目。さらに場所を変える。都市公園のような整備された公園で、シロクロジツグミがよくいるいう辺りに行ってみると、本当にいた。ヒマラヤで繁殖し、スリランカのみで越冬するという超珍鳥で、外見もツグミ中トップクラスのシックな美しさ。それを見ていると、地面で何かが動いた、なんとインドヤイロチョウではないか。驚いてガイドに伝えるが、まあいるよねみたいな反応なので、とりあえず撮る。日本のヤイロチョウ系統の配色。しかもその横をイワミセキレイが歩いている。その後カシミールオジロビタキのポイントへと向かう。しばらく待ってみたが気配はなく、ホテルの庭に移動する。ここもポイントで、おそらく同じ個体のなわばりだと思うが、鳴き声がして一瞬姿を見ることができたものの、すぐに見失った。人が多いのも影響していると思うので、一旦森へ移動し、夕方また狙うことにする。森でもカシミールに注意しながら、鳥を探す。ドラミングが聞こえてきたので、キツツキの固有種2種のうちのどちらかだと思って探すといた、Crimson-backed Flameback。31種目。背中の色が綺麗。周辺を歩くとセイロンヒタキやセイロンメジロ、カナリアヒタキの姿。その後公園に戻る。しばらく待ってみると、小鳥が藪に入っていった。一瞬だったがオレンジ色が目立ったのでカシミールオジロビタキだと思う。しかし、その後入った辺りを探すが全く見つからない。すぐ移動してしまうようだ。ホテルに場所を変え再度狙う。セイロンメジロ、ムラサキタイヨウチョウが見られるが、本命の姿はなく、捜索範囲を広げるが見つからなかった。警戒心が強すぎるようだ。明日に期待。
今日はHorton Plains国立公園で鳥見。その途中でセイロンモリバトが見やすいポイントがあるということで寄る。待っているとさっそく飛んできた。さらに小川の茂みにインドクロウタドリがいるではないか。クロウタドリから種分化した種でインド南部とスリランカに生息するが数は非常に少ない。さらに近くの民家からカシミールの声がする。探すと雌だが姿を見ることができた。これで一安心。その後園内に入るため受付を済ませる。その間トイレに行って近くで鳥を見ていると、ヤブヨシキリに続いてそれよりも厳つい鳥が現れた。セイロンオウギセッカである。他のオウギセッカと一線を画すダークな印象。固有種32種目。園内に入り朝飯を食べながらセイロンヒタキなどを見る。さらに進んで高原に出ると、クロノビタキがたくさん。さらにヒマラヤノスリも見ることができた。引き続き雄のカシミール狙いで探していくがアカハシハナドリがいる程度。あとはIndian Jungle Crow。駐車場に車を停め、ツバメに混じるインドツバメを狙う。リュウキュウツバメによく似ている。そこから種分化したので当然だが。どうにか写真に収めることができた。インド南部とスリランカ限定。その後早朝のポイントに戻って再びカシミールを狙う。朝より見やすいところに出てきてくれた。カシミール地方のみで繁殖し、スリランカだけで越冬する世界的希少種。メインターゲットの一つ。上空にアカハラクマタカ。その後は最後の探鳥地であるKitulgalaに移動する。3時間ほどで到着し、ロッジ周辺で探鳥。セイロンミドリワカケインコなどが見られる。小さい船で川を渡り園内へ。インドヒメウが岩にとまる。緑色を背景に赤色が目立っていたので何かと思ってみてみると、Red-backed Flameback。固有種33種目。いよいよあと1種。エボシヒヨドリが近くに来てくれた。開けた環境から森に入るところで、Serendib scops owl の極秘ポイントがあるとのことで覗いてみる。すると小川を隔てた対岸の木に2羽が並んでとまっている。少し前に枝葉があるが、初日より全然見やすい。いつもここを塒にしているようだ。その後は最後の固有種セアカスズメフクロウを狙う。コールバックしていると、頭上の木に現れた。34種目。遂にコンプリート、素晴らしい成果である。そのまま日没を待ち、ナイトバーディング。ミナミシマフクロウが出てきた。Sri Lanka Bay Owlの気配はなく、宿に戻って夕飯を食べて就寝。
今日で同行者のT氏は帰るので、午前中が勝負。朝飯後、ロッジの周りを歩くとRed-backed Flamebackが見られた。個体数は多いようだ。その後セアカスズメフクロウをより良い条件で狙う。コールバックしながらポイント周辺で探すと、鳴き返してきた。探すと比較的低い位置で鳴いているのを見つけた。しばらくその枝にとまってくれたので、全身をしっかり見ることができた。ロッジでスリランカコサイチョウ、キビタイゴシキドリ、セイロンミドリワカケインコ、ヒイロサンショウクイなどを観察。上空をオオホンセイインコが飛び回っている。川を渡って中に入ると、ズグロインドチメドリ。初日よりもしっかり見ることができた。その他クリセタイヨウチョウなどが見られる。昨日のポイントで再びSerendib Scops Owl。昨日より抜けていることを期待したが、位置は殆ど変わっていない。キバシヤブチメドリ、ズアカサトウチョウ、タカサゴダカなどを見ながらロッジを戻り、昼食。テラスから川を眺めると、カワリクマタカの幼鳥が対岸にとまっていた。ニシヒメアマツバメも遠くを飛んでいる。T氏と別れ、再び川を渡って園内へ。川の上にインドショクヨウアマツバメが集まっている。川を渡ったところで、遠くをSouthern Hill Mynaが飛ぶ。道を歩いていくと、再び声が聞こえてきて、見上げると樹上に一羽確認できた。インド南部とスリランカのみ分布。その後はオオクイナが走り去るのを一瞬、その他ハイイロオウチュウ、ズグロコウライウグイス、オオバンケン、カワリサンコウチョウなどが見られる。暗くなってからナイトバーディング。Sri Lanka Bay Owlに期待するが声に反応なし。行動圏が広いらしく、難しいようだ。固有種ではないのだが、インド南端とスリランカにしかいないなので見たかった。宿に戻って夕飯を食べて就寝。明日は予定を変更し、湿地帯を回ることにする。
午前2時に宿を出発し、4時間ほど移動、早朝にまずは海岸へ。波打ち際にオオアジサシとハシブトアジサシが集まっている。オニアジサシも小数。さらに奥へ歩いていくとヨーロッパトウネンとメダイチドリの群れ。メダイはオオメダイに近い印象の個体が多く、おそらく日本とは亜種が異なるのだろう。ソリハシオオイシチドリが向こう岸にいる。ユーモアのある顔と嘴だ。その後移動してラムサール条約にも登録されている湿地帯へ向かった。Grey-headed Swamphenとクロトキ、アジアヘビウ、アジアコビトウが大群で集まっている異様な光景の中探鳥開始。泥地にはサルハマシギやヨロネンといった見覚えのある鳥たちがいるが、個体数がさすが海外。沼の中の大木はホシバシペリカンのコロニーになっていた。進んでいくと、タカサゴクロサギが飛び出してくる。遠くにアカリュウキュウガモがいるのが見えたが、近づいていった時にはリュウキュウガモのみ。ミナミカンムリワシ、クロトキ、オオバンケンなどを見ながら沼沿いの道を進んでいく。タカサゴクロサギが降りていて、その先でミナミカンムリワシが蛇を捕まえたところを観察し、来た道を戻る。するとSri Lanka Woodshrikeが目線よりやや高い位置にいきなり登場。これはラッキー。カワリサンコウチョウなどを見ながら進むと、スリランカでは珍しいというヤマショウビンが登場。それが飛んだほうを探すと、アオメクロバンケンモドキがすぐ頭上に来た。Udawalaweで一瞬しか見られなかったので嬉しい。ホシバシペリカンも近くにやってきてくれた。ミドリオオゴシキドリなどを見て、次の場所へ移動。ここでもGrey-headed Swamphenは相変わらず多い。遠くの蓮の合間にナンキンオシ。沼の対岸にはヘラサギの群れ。レンカクもいる。林ではカワリサンコウチョウが近い。インドハウチワドリが草地で囀る。オナガガモやダイシャクシギもいて不思議な感じ。電線にはギンパラ。ウオクイワシも枯れ木にとまっている。戻って草原地帯を歩くと、セグロコガネゲラが林の中で見え隠れするが、全身を見ることができない。さらに別の池へ。アオメクロバンケンモドキが藪から顔を出す。ナンキンオシが近くで泳ぐ。日没が近くなり、オグロシギの群れを見ながらシマシャコのポイントへ移動する。草地を歩いていくと、茂みから勢いよく走りだして消えていった。とまらないので、全然撮れない。茂みに隠れながら座りこんでいるところを見つけたと思ったら、インドイシチドリ。こんなところにもいるのか。結局シマシャコは最後の最後に走り去っていく姿と飛び去る姿を辛うじて写真に収められた。その後空港へ。意外と渋滞していてちょっと遅れたが、無事飛行機に乗ることができた。昨日のT氏は断続的な停電をくらったらしいので、良かった。しかし、この好調な旅、最後に落とし穴が待っていた。成田に着いて、荷物を待つ。しかしいくら待っても出てこない。いよいよ係員が終了の板を持って現れたので、聞いてみると、どうやらロストバゲージ。スリランカからの帰国客は皆荷物がないようだ。その夜、幸いにも荷物は無事見つかったと連絡があり、配送されてきたが、やはり中国東方航空、最後にやらかしやがった。まあ成田から家までガタガタ引っ張らずに帰ってこれたのは逆にラッキーだったと考えておく。まさか固有種を制覇できるとは思っていなかったスリランカ、いつかSri Lanka Bay Owlのリベンジに再訪するだろうか。また、今回のガイド会社はアンダマン諸島もガイドできるらしいので、いつか行ってみたい。
     sitemap